野球

榎谷礼央(山梨学院)はドラフト注目!出身中学や進路は?父祖父もすごい!

山梨学院ドラフト候補榎谷礼央投手

「榎谷礼央」名前の読み方“えのきや れお”

成長著しい右のオーバーハンドのピッチャーです。

2年秋山梨県大会では全5試合に登板し、防御率0.00優勝!

さらに関東大会でも全4試合に登板し、2完投(1完封)準優勝!!

センバツ出場に貢献しています。

榎谷礼央(れお)のプロフィール

名前:榎谷 礼央(えのきや れお)
生年月日:2004年7月7日
出身:静岡県浜松市
身長:179cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、弟
経歴:浜松市立浅間小学校→浜松市立江西中学校→山梨学院

榎谷礼央(れお)の父・榎谷優史

榎谷礼央投手の父・榎谷優史さんも浜松商業1993年甲子園に出場したことがあります。

甲子園では3回戦大宮東高校敗戦

榎谷礼央投手センバツ出場を決めた際には
「(3回戦敗退の)俺を超えろ」
と激励のメッセージを送っていました。

現在は浜松市内で、有限会社ディ・アール・シー代表取締役を務めながら、少年野球の浜松リトルリーグ監督をされています。

榎谷礼央(れお)の祖父

さらに榎谷礼央投手の祖父・鈴木詔彦さんも1961年浜松商業甲子園出場経験があります。

甲子園では1回戦で「怪童」と呼ばれた尾崎行雄さん、高田繁さんを擁する浪商高校0-1惜敗

ちなみにその時の浜松商業主将はのちに広島東洋カープドラフト1位で入団する佐野真樹夫さんでした。

佐野真樹夫さんの息子・佐野心さんも元プロ野球選手ですね。

榎谷礼央(れお)の小中学時代

榎谷礼央投手小学2年生から父が監督を務める浜松リトルリーグ野球を始めました。

小学6年生からピッチャー

中学時代浜松シニアでプレーし、3年夏にはエースとしてリトルシニア日本選手権大会に出場を果たしています。


中学卒業後は
「県外に出て野球に集中したい」
山梨学院進学しました。

榎谷礼央(れお)の高校時代

山梨学院では1年夏から背番号20ベンチ入り
 
翌2年春から背番号1を背負い、山梨県大会ベスト4敗退。

2年秋山梨県大会では全5試合に登板し、防御率0.00優勝を達成しています。

続く関東大会でも全4試合に登板。

準々決勝白鴎足利戦7回コールド無四球完封を記録するなどの活躍で、準優勝に貢献しました。


山梨学院同期のチームメイトには昨秋の公式戦では驚異の打率6割超えの1番打者・鈴木斗偉選手、相澤秀光選手らがいます。

鈴木斗偉選手についてはこちらを→鈴木斗偉(山梨学院)はドラフト注目!姉妹は?出身中学や進路は?

榎谷礼央(れお)のプレースタイル

榎谷礼央投手最速144km/hストレートを投げるプロ注目のピッチャーです。

変化球縦スライダーカットボールチェンジアップなど。
 
投球フォームの改造に成功した2年秋からはカットボールの切れ味が増し、空振りが取れるようになっています。

尊敬するプロ野球選手は元広島の今村猛さん。

今村猛さんは山梨学院・吉田洸二監督の清峰高校監督時代教え子ですね。

遠投110メートル

50メートル走6秒0。

榎谷礼央(れお)の進路

榎谷礼央投手プロ志望です。

高卒で目指すのか、大学社会人を経由するのは、高校3年時の成長次第ではないでしょうか。

榎谷礼央(れお)のスカウト評価

プロスカウト
「ボールの回転がいい。ストレートの平均球速がさらに上がっていけば、ドラフト候補に挙がってくる」

榎谷礼央(れお)のまとめ

今年の山梨学院はタレントぞろいで、甲子園優勝が狙えるチームです。

日本一を達成するためのキーマンは、やはりエースの榎谷礼央投手でしょう。

甲子園では活躍した昨秋以上のピッチングを見せてほしいですね!