松田瑞生(ダイハツ)の腹筋が凄い!彼氏は?オリンピック候補のプロフ!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

1月28日に行われた「大阪国際女子マラソン」
優勝したのは、この大会がフルマラソン初出場だった、松田瑞生選手でした。
初挑戦で初優勝、素晴らしいですね。
しかも、30キロ過ぎでトップに立つと、その後は圧巻の独走を見せました。
この優勝で、2020年東京オリンピックの代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権を獲得しています。
一躍、オリンピック候補となって、今後の走りにはますます注目が集まることでしょう。

 

名前:松田瑞生(まつだ みずき)
出身地:大阪府大阪市住吉区
生年月日:1995年5月31日
身長:158cm
体重:46kg
経歴:大阪市立遠里小野小学校→大阪市立大和川中学校→大阪薫英女学院高校→ダイハツ
所属:ダイハツ

 

〇高校
幼いころから、自宅近くの長居公園で毎日走り込んでいたという松田選手。
進学した大阪薫英女学院は、全国高校駅伝の常連校として有名で、松田選手も3年連続で全国駅伝に出場しています。
1年時には2区を担当し、15位から4人抜きを行い、区間10位を記録。
2年時にも2区を担当し、2位でタスキを受け取ると、区間賞の走りでトップに立ち、2位に11秒差をつけています。
3年時にはエース区間である1区を担当しましたが、トップと8秒差をつけられての9位に沈みました。

 

〇ダイハツ
高校卒業後はダイハツに入社。
ダイハツはマラソンの名門として有名で、松田選手もマラソンするために入ったようです。

2016年に「全日本実業団ハーフマラソン」に出場し、4位を記録。
同年に「世界ハーフマラソン選手権」にも出場していますが、17位に終わりました。
またこの年、「全日本実業団陸上選手権」の10000mに出場し、初優勝を飾っています。

スポンサードリンク

2017年には「日本陸上選手権」の10000mでも優勝を収めると、「アジア陸上選手権」では銅メダルを獲得。
「世界陸上」10000mへの出場を決めたことで、注目を集めるようになりました。
しかし「世界陸上」では19位に終わっています。

2018年、松田選手の地元・大阪で行われた「大阪国際女子マラソン」で初のフルマラソンに参加。
2時間22分44秒という好タイムで優勝MGCへの出場権を獲得しました。

 

〇腹筋

松田選手は、“なにわの腹筋女王”とまで言われる、見事な腹筋の持ち主。
腹筋トレーニングを15種類、1日1000~1500回しているそうです。
これは、苦しくなると状態が反って顎が上がる癖を直すために行っているそうですが、それにしても見事な腹筋ですね。

 

〇家族
両親と姉、妹、弟がいるようです。
ツイッターでも家族のことを呟いており、とても仲がよさそう。
お母さんは鍼灸師をされていて、松田選手の体のケアも行っているそうです。
世界陸上への出場が決まった時には、
「おかあさーん、世界陸上に行けるよー」
とインタビューで答えていました。
家族の支え合っての、松田選手の走りなんでしょうね。

 

〇彼氏は?
松田選手は可愛いと評判です。
彼氏はいるのでしょうか?
残念ながら、情報は見つけられませんでした。
初のフルマラソンに出場するなど、今は陸上一筋かもしれませんね。

 

初マラソン初優勝で、MGCへの出場権を獲得した松田瑞生選手。
これまでは10000mで世界に挑んでいましたが、これからはマラソンで挑むことになります。
ここ最近、マラソンが世界で勝てていないので、松田選手には世界でも勝てるランナーに成長してほしいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ