大学野球

梅津晃大(東洋大)ドラフト候補の球種球速!出身中学高校や身長も!

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

東都大学リーグの東洋大学には、甲斐野央投手、中川圭太内野手の2人の今秋のドラフト上位候補がいます。
甲斐野投手についてはこちらを→甲斐野央(東洋大)の読み方は?
中川選手についてはこちらを→中川圭太(東洋大)ドラフト候補はPL学園卒!

しかし、実はもう一人、大学での実績は少ないですが、大学4年の成績次第では、ドラフト上位で指名されるかもしれない実力を持った選手がいるんです。
その選手とは、梅津晃大投手。
身長187cmの大型ピッチャーで、メジャーリーグのスカウトが「メジャーでもやれるポテンシャルはある」と認める才能の持ち主なんです!

 

名前:梅津 晃大(うめつ こうだい)
生年月日:1996年10月24日
出身:福島県福島市
身長:187cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
家族:両親、兄、妹
経歴:南大泉小学校→秀光中学校→仙台育英高校→東洋大学

 

梅津投手は、小学2年時から軟式野球を始めました。
中学は、私立秀光中学校に進学し、軟式野球部に所属し、プレーしています。
「秀光中学校」というのは、仙台育英の附属中学校ですね。
中学から親元を離れて野球留学をされていたみたいです。

 

〇仙台育英
高校はそのまま仙台育英に進学。
この頃の仙台育英は黄金時代で、梅津投手の1学年上には、上林誠知選手(福岡ソフトバンクホークス)、熊谷敬宥選手(阪神タイガース)、馬場皐輔投手(阪神タイガース)が。
1学年下には、平沢大河選手(千葉ロッテマリーンズ)、佐藤世那投手(オリックス・バファローズ)がいました。

梅津投手は、高2年春から背番号11で控え投手の座を獲得、2年春に行われたセンバツ大会にもベンチ入りを果たしています。(登板機会はなし)
2年の夏は、ベンチ入りのメンバーから外れてしまいますが、2年秋にエースナンバーを獲得しました。

高校3年の6月に左手首に死球を受け、骨折するアクシデントに見舞われましたが、1ヶ月で復活
3年夏の宮城県大会は、エースとして力投を続けますが、4回戦で東北学院に延長13回3対4で敗れてしまい、仙台育英としては12年ぶりに県ベスト8を逃すという残念な結果に終わっています。

高校卒業時には、地元・楽天など複数の球団からも注目されていましたが、プロ志望届は提出せず、東洋大学に進学しまいた。

スポンサードリンク

〇東洋大学
大学では、1年春のリーグ戦から、リリーフとして登板を果たします。
しかし、梅津投手の当時の最速は140km/h程度で、大学で投げるには実力不足でした。

そこから大学3年の秋まで、公式戦に登板することなく過ごしています。
しかし、試合に出られない時期に、走り込み体幹トレーニング、そして投げ込みを続け、入学当初は80キロ弱だった体重が、92キロまでに増量。
球速も、大学3年8月の広島経済大とのオープン戦で153km/hをマークするまでに成長しました。

そして3年秋のリーグ戦に、5シーズンぶりに登板すると、全試合で150km/h以上を記録し、再びドラフト候補として、名前が挙がるようになっています。

 

〇プレースタイル
MAX153km/hの威力あるストレートと、スライダーが武器。
変化球は他にも、カットボールフォークカーブを投げます。
体に巻きつくように腕を振り、高校時代からバランス、柔軟性をプロから評価されていました。

 

「目標は高く160km/hを目指す。分かっていても打たれない真っすぐを投げたい」
という梅津投手。
187cm92kgと恵まれた体格の梅津投手でしたら、160km/hも本当に夢ではない気がします。
将来的には、日本代表に選ばれたり、メジャーでプレーしたりするような、スケールの大きな選手になってほしいですね。

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人