その他のスポーツ

春高バレー2022(男子)の優勝候補予想!注目選手は?日程や組み合わせも!

第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)優勝予想!

昨年は東福岡高校優勝で幕を閉じたこの大会。

果たして今回はどの高校が優勝するのでしょうか!?

なお、今年も昨年に引き続き無観客で行われる予定です。

春高バレーの日程

2022年1月5日(水)~10日(日)

春高バレーの組み合わせ

春高バレー 組み合わせ

春高バレーの優勝予想

高校バレー男子は今、群雄割拠の戦国時代ですね。

インターハイ春高バレーも毎年、優勝校が入れ替わっています。

ですので、優勝チームを予想するのは非常に難しいです。

それでも、あえて予想させてもらうならば、東山高校(京都)が有力だと思います。

東山高校前々回大会では優勝、2連覇を目指した前回大会は無念の途中棄権でした。

その分、今大会にかける意気込みは強いものがあります。

ただし、東山高校のいるブロックには東福岡(福岡)習志野(千葉)東亜学園(東京)などの強豪校がひしめいているので、厳しい戦いを強いられるのは間違いないでしょう。

東山高校以外でしたら、
同じブロックで前回優勝東福岡
インターハイ優勝鎮西(熊本)
インターハイ準優勝駿台学園(東京)
インターハイベスト4清風(大阪)あたりでしょうか。

特に鎮西駿台学園はお互いに対戦する準決勝までは、勝ち上がって来そうです。

※追記 東山高校初戦で負けた・・・ごめんなさい。

習志野が勝ったのは意外というほどではないですが、ここまで強いとは。

習志野のおめでとうございます。

春高バレーの注目選手

山元快太(仙台商)

3年生/アウトサイドヒッター/身長192cm/最高到達点350cm

主将。
全中選抜に選ばれ、中学時代から世界を相手にプレーするなど、実績は豊富。

高橋慶帆(習志野)

3年生/アウトサイドヒッター/身長193cm/最高到達点350cm

イラン人の父と日本人の母もつイケメン。
中学2年生時からバレーを始め、高校1年生時にはU18/19日本代表候補に選ばれています。

高橋慶帆(習志野)の進路は大学?海外?ハーフなの?父母についても!

前嶋悠仁(日本航空)

3年生/アウトサイドヒッター/身長180cm/最高到達点330cm

1年生からエースとして活躍してる主将。


日本航空月岡裕二監督にも注目ですね。

月岡裕二監督についてはこちらを→月岡裕二(日本航空バレー部監督)の現役時代がすごい!指導方針や経歴は?

麻野堅斗(東山)

2年生/ミドルブロッカー/身長206cm/最高到達点345cm

206センチの長身サウスポー。

花村知哉(東山)

1年生/身長179cm

次期エース候補。
昨年まで東山高校のエースだった花村和哉選手(順天堂大)の弟。

畑虎太郎(福井工大附福井)

3年生/アウトサイドヒッター/身長193cm/最高到達点350cm

小学生時代から仙台商・山元快太選手と切磋琢磨するイケメン主将。

木内甫(開智)

3年生/オポジット・アウトサイドヒッター/身長181cm/最高到達点330cm

攻守でチームけん引するサウスポーエース。

前田凌吾(清風)

3年生/セッター/身長178cm/最高到達点315cm

2年連続で春高のセンターコートを経験する世代No.1セッター。

牧大晃(高松工芸)

3年生/アウトサイドヒッター/身長210cm/最高到達点350cm

前回大会でベスト8入りした高松工芸高のエース。
昨夏には日本代表合宿に参加。

川野史童(東福岡)

2年生/オポジット・ミドルブロッカー/身長199cm/最高到達点335cm

1年生からレギュラーで、前回大会では優勝に貢献。

舛本颯真(鎮西)

2年生/アウトサイドヒッター/身長182cm/最高到達点335cm

インターハイ決勝では49得点を挙げ、チームを優勝に導いた2年生エース。


よろしければこちらもどうぞ→春高バレー2022(女子)の優勝候補予想!注目選手は?日程や組み合わせは?