万波中正(横浜)読み方や母父姉は?中学は?通算ホームラン数も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

最近のスポーツ界では、多くのハーフのアスリートが活躍していますね。
今年のドラフト候補、横浜高校万波中正選手も、そんな一人です。
コンゴ人の父日本人の母を持ち、早くからその潜在能力の高さに注目を集めています。
魅力はなんと言っても、その規格外のパワー
横浜スタジアムでバックスクリーンにホームランを打ち込むなど、高校生離れしたバッティングは一見の価値ありです。

 

名前:万波中正(まんなみ ちゅうせい)
出身地:東京都練馬区
生年月日:2000年4月7日
身長:190cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手、投手
経歴:練馬区立開進第二小学校→練馬区立開進第二中学校→横浜高校

 

小学2年生の時に、「ブルーフェニックス」で投手として野球を始めました。
中学生の時は、「東練馬シニア」で外野手兼投手としてプレーし、1年時にリトルシニア日本選手権大会でベスト8
3年時のリトルシニア日本選手権でベスト4を経験しています。

さらに中学時代は、野球と並行して陸上部にも所属し、1年時には100mハードルで東京大会2位
3年時には、砲丸投げで都大会優勝全国大会出場を果たしています。

横浜高校に進学すると、1年春からベンチ入り。
同年夏の県大会では、4試合中3試合にスタメン出場し、3回戦では横浜スタジアムのバックスクリーンへ、推定飛距離135mの特大ホームランを放っています。

 

〇対応力に課題
恵まれた体格を生かし、力強いスイングでかっ飛ばすパワーは魅力的ですが、その一方で対応力に課題があります。
捉えればどこまでも飛ばすが、打てる球が限られている印象。
2年夏の県大会ではその粗さが露呈し、28打数5安打、打率.179に沈んでいます。

スポンサードリンク

それでも続く甲子園では、悪癖の高めのボール球に手を出さないなど、改善が見られますので、今後の成長が楽しみです。
横浜高校の平田監督も、
「大きな選手というのは時間がかかる。大きく育てていきたい」
と、どんなに調子が悪くても先発から外さず、我慢強く育ているようです。
パワーが凄いだけに、対応力がついてくれば、高校ナンバーワン・スラッガーなれるかもしれませんね。

 

〇投手
遠投105mの強肩の持ち主で、強肩を生かしてマウンドにも上がっています。
最速は147km/hをマークしており、投手としてのも、本格派として評価しているスカウトもいます。
二刀流としての活躍にも注目です。

 

〇家族
父親は、コンゴ共和国出身のウィリーさん
母親は、日本人の有里子さんです。
何をされている方なのか、までは残念ながら分かりませんでした。

それからお姉さんがいて、このお姉さんもなかなかに優秀なスポーツ選手のようです。
アイシャさんとおっしゃるそうですが、中学高校と陸上部に所属し、中学時代には都の陸上大会で最優秀競技者に選ばれたことがあります。
現在も、青山学院大学の陸上部に所属しているようです。
もしかしたら将来、オリンピックに出場する、なんてこともあるかもしれませんね。

 

高校生離れした恵まれた体格や、潜在能力には抜群のものがあります。
一方、それらを生かすための技術が備わっておらず、まだまだ粗い選手です。
高校ラストイヤーでどれだけ成長した姿を見せられるかが、プロ入りのためにも必要となってくることでしょう。
現在の高校通算本塁打は28本ですが、課題を克服すれば、パワーが凄いだけに飛躍的に増えるはず。※追記:高校通算本塁打数39本(2018.7.30)
我慢強く使ってくれている監督のためにも、才能を開花させたところを見せてほしいですね。



■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ