陸上

殿地琢朗(國學院大)の進路や出身中学高校は?箱根駅伝では山の神になる?

國學院大學陸上部殿地琢朗選手

「殿地琢朗」名前の読み方“どんぢ たくろう”

國學院大學は今回の箱根駅伝では往路優勝が狙える!と勝手に私は言っているのですが、その理由というのは木付琳選手と藤木宏太選手に加え、山登りに強い殿地琢朗選手がいるからです。

殿地琢朗選手大学4年の11月に行われた “仮想5区”ともいえる「激坂最速王決定戦」では学生トップでゴールしています。

殿地琢朗選手5区で区間賞を獲れるような走りをみせれば、國學院大學初の往路優勝も夢ではありません!

殿地琢朗(どんぢたくろう)のプロフィール

名前:殿地 琢朗(どんぢ たくろう)
生年月日:1999年7月29日
出身:岐阜県高山市
身長:168cm
体重:53kg
経歴:高山市立清見中学校→岐阜県立益田清風高校→國學院大學

殿地琢朗(どんぢたくろう)の中学時代

中学時代殿地琢朗選手野球をされていました。

同じ地方の1学年下には中日ドラゴンズの根尾昂選手がいました。

根尾選手はお医者様一家の息子で、学業やスキーでも成績優秀だったことから、当時から地元では有名だったそうです。

殿地琢朗(どんぢたくろう)の高校時代

殿地琢朗選手益田清風高校に進学してから陸上を始めます。

高校時代の殿地琢朗選手は全国大会への出場などはなく、目立った成績を残していません。

益田清風高校の同期のチームメイトには神奈川大学の安田響選手がいました。

殿地琢朗選手は高校時代、安田選手に勝つことができずに負けっぱなしだったそうです。

殿地琢朗(どんぢたくろう)の大学時代

殿地琢朗選手は大学入学後に急速に力をつけていきました。

1年生箱根駅伝大学三大駅伝デビュー!

殿地琢朗選手8区を走り、区間12位(チームは総合7位)の成績を残しています。

実はこの時、同区間を安田選手も走っていて、区間15位でした。

しかし、殿地琢朗選手は安田選手に勝った喜びよりも、同じ1年生の鎌田航生選手(法政大学)が区間7位だった悔しさのほうが大きかったそうです。

その後、殿地琢朗選手箱根駅伝には3年連続で出場!

2年次10区を走り、区間4位(チームは総合3位)、
3年次5区を走り、区間8位(チームは総合9位)でした。

4年次の11月には「激坂最速王決定戦」に出場。

青山学院大学時代に“山の神”と呼ばれた神野大地選手(セルソース)に敗れたものの、全体2位学生トップの好成績を収め、注目を集めました。

殿地琢朗(どんぢたくろう)の進路

現在、大学4年生の殿地琢朗選手ですが、まだ大学卒業後の進路については明らかにされていません。


殿地琢朗選手の進路については何かわかりましたら、改めて追記させていただきます。

殿地琢朗(どんぢたくろう)のまとめ

大学最後の箱根駅伝では、殿地琢朗選手は前回と同じ山登りの5区を走るのは間違いないでしょう。

殿地琢朗選手“4代目山の神”襲名にも意欲を見せいてます。

どんな走りを見せてくれるのか!?

今から箱根が楽しみですね!


よろしければこちらもどうぞ→國學院大學の箱根駅伝2022メンバー!区間エントリー予想や監督は?