水野滉也(DeNA)がイケメン!怪我や彼女や父は?支配下復帰はいつ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

DeNAの2016年ドラフト2位水野滉也投手。
プロ入り1年目から1軍で先発するなど、期待の大きなピッチャーでしたが、シーズンオフに右肩のケガのため育成落ちしています。
しかし、すでにブルペンに入って投げられている様子。
支配下復帰はいつになるのでしょうか?
そこで、水野投手の情報をまとめてみました。

 

名前:水野滉也(みずの こうや)
生年月日:1994年6月1日
出身:北海道札幌市豊平区
身長:175cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
背番号:13→106
年棒:1200万円(2018年)
経歴:札幌市立月寒東小学校→札幌市立月寒中学校→札幌日本大学高校→東海大学北海道キャンパス

 

水野投手は、兄が野球をやっていた影響で、7歳の時から、「月寒アパッチャーズ」で野球を始めました。
中学時代は「札幌豊平東シニア」でプレー。

高校は、札幌日本大学高校に進学します。
高校1年の冬に右肘を痛め、当時のコーチの助言でサイドスローに転向
この転向が大成功で、チームのエースとなり、3年夏の南北海道大会では準優勝を果たしています。

 

〇大学で活躍
大学は、東海大学北海道キャンパスに進学。
1年春のリーグ戦からに出場し、3勝1敗、防御率1.05の活躍で新人賞を獲得しました。
3年春には、リーグ戦初優勝を達成し、全国大会にも出場しています。

4年生になってからの水野投手は圧巻で、
春のリーグ戦は5勝0敗、防0.21MVP最優秀投手賞ベストナインを受賞。
秋のリーグ戦は、5勝0敗、防1.13春秋連覇に導き、2季連続のMVP優秀投手賞を受賞しています。
秋のリーグ戦では、北海学園大学相手にノーヒットノーランも達成しました。

スポンサードリンク
4年生の時には、大学日本代表も選ばれ、第40回日米大学野球選手権大会にも出場しています。
リリーフとして、優勝に貢献しました。

同年のドラフトにて、横浜DeNAベイスターズから2位で指名され、入団。
実は社会人入りが内定していて、3位以下なら社会人に進むことが決まっていたそうです。

 

○プロ入り後
1年目の開幕は2軍スタートでしたが、イースンタンリーグで1勝0敗防御率0.64と結果を残し、5月には1軍昇格。
5月3日の巨人戦でプロ初登板・初先発を果たします。
結果は、4回2/3を投げ3失点敗戦投手になり、翌日に2軍落ちになりました。

 

○右肩痛
2軍落ちした直後に右肩痛を発症
そのまま、一度も試合で投げる事なく1年目のシーズンを終えています。

 

○ハマのプリンス
イケメンで有名で、横浜の女性ファンの間でも人気急上昇中です。
特に笑顔がさわやかで魅力的とのこと。

女性ファンからしたら彼女の存在が気になるかもしれませんね。
ただ、ご安心(?)を。
facebookやtwitterを見る限り、特定の彼女がいる様子はありません

また水野選手の父親ついてもよく検索されているようですが、水野選手のお父さんは、2016年には東海大北海道野球部のホームページを運営しているようです。
そこで、息子である水野投手についてのブログも書いていらっしゃいます。
息子への想いと期待が感じられますね!

1年目のシーズンオフに、育成落ちをした水野滉也投手ですが、もうすでにブルペンで思いっきり100%の力で投げられる状態だそうです。
2018年シーズン中には支配下復帰するのではないでしょうか。
ただ、水野投手は高校生の時に右肘を、大学4年の秋にも右肩を痛めたことがあるので、復帰を焦って再発、なんてことにはならないよう、気をつけてほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ