野球

松尾汐恩(大阪桐蔭)はドラフト候補のキャッチャー!出身中学や進路は?

松尾汐恩 大阪桐蔭 ドラフト

大阪桐蔭ドラフト候補松尾汐恩選手

「松尾汐恩」名前の読み方“まつお しおん”

プロ注目の強肩強打のキャッチャーです。

中学まではショート兼ピッチャーとしてプレーし、日本代表に選ばれるなど活躍していましたが、
大阪桐蔭に進学後、キャッチャーに転向。

大阪桐蔭の同世代では唯一、2年生からレギュラーとして甲子園に出場しています、

松尾汐恩(まつおしおん)のプロフィール

名前:松尾 汐恩(まつお しおん)
出身:京都府精華町
身長:178cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー兼ショート
経歴:精華町立川西小学校→精華町立精華中学校→大阪桐蔭高校

松尾汐恩(まつおしおん)の小中学時代

松尾汐恩選手は小学生から精華アトムズ軟式野球を始めました。

中学時代は京田辺ボーイズに所属し、ショート兼ピッチャーとしてプレー。

中学3年次には4番打者を任され、全国大会にも出場しています。

また、にはボーイズ日本代表世界大会に出場。

大阪桐蔭でもチームメイトとなる星子天真選手らとともに世界一を達成しました。
 
星子天真選手についてはこちらを→星子天真(大阪桐蔭)は主将でドラフト候補!父兄もすごい?進路や出身中学は?

松尾汐恩(まつおしおん)の高校時代

中学卒業後は大阪桐蔭進学

1年秋からキャッチャーに転向し、ベンチ入り

1年秋近畿大会では6打数2安打2三塁打1打点の成績で、準優勝を経験しました。

翌2年春センバツでは初戦・智辯学園戦の途中からマスクをかぶり、1打数0安打1四球。(試合は6対8敗退)

2年春大阪府大会からは正捕手の座を獲得。

2年夏大阪大会では28打数12安打5打点打率.429の大活躍で、優勝に貢献しました。

続く甲子園では全2試合8番・キャチャースタメン出場

2回戦近江戦でバックスクリーンに特大のホームランを記録しましたが、
甲子園で放ったヒットはこの1本だけ(7打数1安打)で、チームも4対6逆転負けを喫しています。


大阪桐蔭の同期のチームメイトには主将の星子天真選手の他、海老根優大選手、川原嗣貴投手、別所孝亮投手らがいます。

川原嗣貴投手についてはこちらを→川原嗣貴(大阪桐蔭)はドラフト候補のピッチャー!出身中学や父は?球速球種は?

松尾汐恩(まつおしおん)のプレースタイル

松尾汐恩選手は身体能力の高い強肩強打のキャッチャーです。

2年秋の大阪府大会終了時点で、高校通算15本塁打

遠投110m強肩で、中学時代にはピッチャーとして142km/hを記録していました。

高校生では珍しい“ささやき戦術”持ちで、言葉で打者を惑わせます。

マスクをかぶれば独り言をささやき、打席の打者をかく乱する。
「次は外真っすぐ」「さっきは泳いでる」。元南海の野村克也ばりのささやきで、したたかに心理戦を挑む。

大阪桐蔭「ささやき捕手」松尾汐恩が8回に意地の同点適時打/大阪

二塁送球1秒87。

50メートル走6秒2。

松尾汐恩(まつおしおん)の進路

松尾汐恩選手はまだ2年生のため高校卒業後の進路はわかっていません。

松尾汐恩(まつおしおん)のまとめ

松尾汐恩選手大阪桐蔭キャッチャーでは、久々に現れた高校から直接プロが狙える逸材だと思います。

できれば、西武・森友哉選手(2013年ドラフト1位)以来となる高卒でのプロ入りを目指してほしいですね!


松尾汐恩選手以外の2022年ドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2022!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2022!大学生/社会人(野手)の注目選手は? 1位候補や目玉は?

ドラフト候補2022!高校生(投手)の注目選手は? 1位候補や目玉は?

ドラフト候補2022!高校生(野手)の注目選手は? 1位候補や目玉は?