野球

平田良介(中日)が病気で育成落ちか戦力外?ワクチンとの関係や現在は?

平田良介 中日 育成 戦力外 ワクチン

中日ドラゴンズ平田良介選手育成落ち戦力外になるかもしれないとのが流れていますね。

平田良介選手といえばこれまでの中日を支えてきたスター選手です。

しかし、5年契約の最終年となる今季は1軍で21試合に出場し、打率1割5分5厘0本塁打4打点と結果を残せていません。

さらに今月(2021年10月)には自身のインスタグラム「異型狭心症」と診断されたことが明らかにされています。

果たして、平田良介選手の来シーズン以降の契約はどうなるのでしょうか?

平田良介の病状

平田良介選手は、自身のインスタグラムで、7月4日の深夜に胸が締め付けられるような痛みを感じ、緊急搬送されたことを明かしています。

診断結果「異形狭心症」とのこと。

その後、一度は二軍戦ながらもスタメン出場ができるまでに回復した平田良介選手でしたが、
9月29日のソフトバンク戦では試合中に立っているのが苦しくなり、途中交代

まだ、完全復帰には程遠い状態のようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

平田良介(@ryosukehirata06)がシェアした投稿

平田良介とコロナワクチンとの関連は?

中日では新型コロナワクチンの副反応と思われる症状により、木下雄介投手死亡
また、谷元圭介投手ワクチン接種後に、体調を崩し、緊急降板されています。

木下雄介投手についてはこちらを→木下雄介(中日)が急死?原因は新型コロナワクチンの副反応?妻や子供は?

谷元圭介投手についてはこちらを→谷元圭介(中日)の現在はコロナワクチンで体調不良?なぜ登板しない?

そのため、平田良介選手症状については新型コロナワクチンの影響ではないかという指摘もあります。


最近では東北楽天元監督のデーブ大久保さんもワクチン接種後に、命の危機に陥っていました。

デーブ大久保さん本人が言うには平田良介選手と同じ症状だったそうです。


私は別に反ワクチン派ではありませんが、もっと、情報が欲しいですね。

マスコミにもワクチンの副反応についての報道をしてもらいたいと思います。

平田良介に対するネットの反応

平田良介のまとめ

平田良介選手は病気抜きにしても、ここ数年の成績の低迷から、大幅な減俸育成落ちは避けられないものと思います。

厳しい球団であれば、クビもありえるでしょう。

さすがに功労者にやさしい、中日ではいきなりクビは考えられないですが、
自律神経失調症にかかって、育成契約となった西武の多和田真三郎投手(今シーズンをもって戦力外)のように、平田良介選手も症状が回復するまで、一度、育成落ちすることは十分に考えられます。

平田良介選手はまだ33歳ですので、病気を克服して、もう一花咲かせてほしいでね!