野球

長谷川稜佑(青森大)の出身中学高校や球速球種は?成績やドラフト指名は?

長谷川稜佑 青森大学 ドラフト

青森大学ドラフト候補長谷川稜佑投手

「長谷川稜佑」名前の読み方”はせがわ りょうすけ”

最速155km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

大学4年春にはリーグ新記録となる1試合19奪三振をマークし、評価を高めています。

長谷川稜佑(りょうすけ)のプロフィール

名前:長谷川 稜佑(はせがわ りょうすけ)
生年月日:1999年4月10日
出身:埼玉県三郷市
身長:183cm
体重:86kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:三郷市立南中学校→足立学園→青森大学

長谷川稜佑(りょうすけ)の小中学時代

長谷川稜佑投手小学5年生から三郷ブルーエンジェルス野球を始めました。

中学時代は足立クッパーズでプレー。

全国大会への出場はなく、卒業後は足立学園進学します。

長谷川稜佑(りょうすけ)の高校時代

足立学園東京都足立区にある私立の男子校です。

OBには”下町のダルビッシュ“と呼ばれた吉本祥二さん(2011年ソフトバンクホークス2位)らがいます。

長谷川稜佑投手は高校では1年春からベンチ入り

3年春からはエースとしてチームを引っ張ります。

3年夏の東東京都大会では全4試合先発

5回戦帝京高校7回11失点で敗れたものの9年ぶりベスト16入りに貢献しました。

長谷川稜佑(りょうすけ)の大学時代

高校卒業後は青森大学進学します。

大学では2年春からリーグ戦に出場。

全て先発6試合に登板し、1勝1敗防御率3.28の成績を残しています。

2年秋のリーグ戦は3試合に登板し、0勝0敗防御率2.70

3年春のリーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中止

3年秋のリーグ戦は7試合に登板し、1勝0敗防御率2.11


4年春のリーグ戦は5試合に登板し、3勝2敗防御率.3.41

4年春青森中央学院大学戦ではリーグ新記録となる19奪三振で、初完投初完封を記録しています。

さらに翌週のノースアジア大学戦では自己最速155km/hをマークし、注目を集めました。

長谷川稜佑(りょうすけ)のプレースタイル

長谷川稜佑投手身長183cm体重86kgプロ注目のピッチャーです。

セットポジションから最速155km/hストレートを投げ込みます。

変化球スライダーフォークボールカットボールカーブなど。

1試合平均10個以上奪三振を記録する一方、四死球1試合あたり6個ちかく与えています。

長谷川稜佑(りょうすけ)の進路

長谷川稜佑投手プロ志望届提出済で、大卒でのプロ入りを目指しています。

長谷川稜佑(りょうすけ)のまとめ

長谷川稜佑投手コントロールに課題がありますが、スピード奪三振力は魅力的です。

ドラフトでは上位指名は難しいかもしれませんが、下位から育成までならば十分に指名がありそう。

育成能力に優れたチームに入団すれば、大化けしそうなピッチャーだと思いますね!


長谷川稜佑投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?