野球

松岡泰希(東大)はドラフト候補のキャッチャー!出身中学高校は?巨人が注目! 

松岡泰希 東京大学 ドラフト

東京大学2022年ドラフト候補松岡泰希選手

「松岡泰希」名前の読み方“まつおかたいき”

まだ3年生ながら“六大学ナンバー1”と高く評価されているキャッチャーです。

すでに巨人スカウト注目しているとのこと。

かなりすごい選手みたいですね!

今回はそんな松岡泰希選手について調べてみました。

松岡泰希(たいき)のプロフィール

名前:松岡 泰希(まつおか たいき)
生年月日:2000年4月20日
出身:神奈川県
身長:174cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:東京都市大学付属中学校→東京都市大学付属高校→東京大学

松岡泰希(たいき)の小中学時代

松岡泰希選手小学3年生から市ヶ尾禅当寺少年野球部野球を始めました。

最初はピッチャーでしたが、コントロールが悪かったため、6年生かた、肩の強さを買われてキャッチャーに転向。

小学校卒業後は、中高一貫校東京都市大学付属中学校進学します。

中学ではボーイズリーグに所属している学校の硬式野球部の所属。

中学3年生には関東大会ベスト8入りを果たしています。

松岡泰希(たいき)の高校時代

東京都市大学付属高校ではキャッチャー兼2番手ピッチャーとしてプレー。

チームがあまり強くなかったため、甲子園とは縁がなく、3年夏西東京都大会3回戦敗退に終わっています。

松岡泰希(たいき)の大学時代

高校卒業後は
「どうしても東大野球部に入りたかった」
と猛勉強し、見事、現役合格!

大学では1年春からベンチ入りし、慶應義塾大戦リーグ戦デビューを飾っています。

1年秋には早くも10試合中5試合スタメンマスクを経験。

3年春リーグ戦では正捕手として出場し、29打数8安打5打点、打率.276の成績。

7季ぶりの勝利を挙げた法政大学との最終戦では、巧みなリードで投手陣を完封に導いたのに加え、先制のタイムリーヒットも放っていました。


東京大学の同期のチームメイトには中学時代には陸上で日本一を達成している超俊足外野手の阿久津怜生選手がいます。

阿久津怜生選手についてはこちらを→阿久津怜生(東大)はドラフト候補外野手!陸上やアメフトの成績は?出身高校や進路は?

松岡泰希(たいき)のプレースタイル

松岡泰希選手大学トップレベル頭脳派キャッチャーです。

3年春のリーグ戦では複数の投手をリードし、10試合中2試合完封を記録しいます。

一番の売りは捕球から二塁まで最速1.85秒強肩です。

送球スピード140km/hは出ているとのこと。

好きなプロ野球選手は巨人の小林誠司。

松岡泰希(たいき)の進路

東京大学に所属している松岡泰希選手ですが、
「プロはあきらめていません」
プロ入りに意欲を見せています。

松岡泰希(たいき)のスカウト評価

巨人の高田誠スカウト
「今の東大のレベルは、私がやっていた頃(1987年に法政大卒)よりもはるかに上がっています。松岡くんはバランスがよくて、体も強そう。4年生だったら調査しなくてはいけないと思って名鑑を見たら、まだ3年でした」

「しっかりステップできた時はすばらしいボールがいきます。だから1試合に3つも4つも盗塁を刺せるのでしょう。いずれにしても、グラウンドに足を運んで見ないといけない選手です」

松岡泰希(たいき)のまとめ

これまで東京大学出身プロ野球選手わずか6人で、キャッチャーは一人もいません。

松岡泰希選手には東大出身のキャッチャーとして、プロで活躍してほしいですね!


松岡泰希選手以外2022年ドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2022!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2022!大学生/社会人(野手)の注目選手は? 1位候補や目玉は?

ドラフト候補2022!高校生(投手)の注目選手は? 1位候補や目玉は?

ドラフト候補2022!高校生(野手)の注目選手は? 1位候補や目玉は?