野球

谷元圭介(中日)の現在はコロナワクチンで体調不良?なぜ登板しない?

谷元圭介 現在 コロナワクチン

中日ドラゴンズ谷元圭介投手が、7月10日体調不良を訴えて登板を回避して以来、一軍、二軍でも登板しておらず、新型コロナワクチンによる副反応のせいではないか?との不安の声が上がっています。

中日ドラゴンズでは先月、木下雄介投手が、新型コロナワクチンを打った後に入院し、亡くなったばかりです。

いったい、谷元圭介投手に何が起こっているのでしょうか?

谷元圭介のプロフィール

名前:谷元 圭介(たにもと けいすけ)
生年月日:1985年1月28日
出身:三重県鈴鹿市
身長:167cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
年俸:5400万円
経歴:三重県立稲生高等学校→中部大学→バイタルネット→北海道日本ハムファイターズ→中日ドラゴンズ

谷元圭介の登板回避

谷元圭介投手7月10日DeNA戦で、リリーフとして一度はマウンドに上がりましたが、投球練習中体調不良を訴え、結局、1球も投げないまま、交代されています。

中日の谷元圭介投手(36)が、10日のDeNA戦(バンテリンドーム)で1度はマウンドに立ちながら、体調不良で登板を回避した。

7回表に2番手で登板がアナウンスされ、マウンドで投球練習を開始。1球目を投げ終えたところで異変を訴え、ベンチに下がった。与田監督が状況を説明し、審判の了解を得て、祖父江が登板。杉永球審が「谷元投手が体調不良のため、祖父江投手に交代します」と場内に伝えた。球団は試合後に「投球練習をしている際に(本人から)急な体調不良の訴えがあったため、降板しました」と説明した。

中日谷元圭介から「急な体調不良訴え」あり登板回避、投球練習1球目で異変

谷元圭介投手翌11日登録抹消され、以後、二軍の練習にも姿を現していません。

谷元圭介と新型コロナワクチン

現時点では谷元圭介投手新型コロナワクチンを打っていたのかはわかっていません。

ただし、中日ドラゴンズでは6月28日1回目コロナワクチン職域接種をおこなっています。

その時に接種を受けた木下雄介投手は約1週間後「7月6日」に練習中に倒れ入院8月3日死去されました。

谷元圭介投手登板回避したのが、「7月10日」で、木下雄介投手が倒れた日とちかいことから、谷元圭介投手ワクチンによる副反応ではないか?との声が上がってきています。


中日では谷元圭介投手の他に滝野要選手も7月2日以降行方不明で、心配されています。

滝野要選手についてはこちらを→滝野要(中日)の現在はコロナワクチン副反応で行方不明?それとも怪我?

谷元圭介のまとめ

中日ドラゴンズは変な憶測をされないためにも、谷元圭介投手の現状について発表する必要があると思いますね。

たとえ、それが新型コロナワクチンのせいだったとしても、正しい情報を提供することが、同じような被害者をださないことにつながります。

谷元圭介投手が1日も早くマウンドに帰ってくることを祈りたいですね!


※追記

ようやく中日球団から谷元圭介投手と滝野要選手の現状について発表がありましたね。

谷元圭介投手2軍リハビリ組練習中、滝野要選手は下肢コンディション不良などにより、自主練習中とのこと。

とりあえず一安心ですね!

中日は6日、2軍調整が続く谷元圭介投手(36)と滝野要外野手(25)の現状を発表した。谷元は7月10日DeNA戦(バンテリンドーム)登板で体調不良で降板後、自宅療養、自主練習を経て、2軍リハビリ組で調整中。滝野は下肢コンディション不良などにより、自主練習を続けている。

Yahoo!JAPANニュース