その他のスポーツ

廣瀬隆喜(ボッチャ)の経歴プロフ!母や結婚した嫁は?障害や出身高校は?

廣瀬隆喜選手 ボッチャ 結婚

ボッチャパラリンピック日本代表廣瀬隆喜選手

パラリンピックには過去3回出場しているベテラン選手です。

熱い魂のこもったプレーが持ち味で、特に団体戦ではチームの精神的支柱となっています。

前回のリオデジャネイロパラリンピックでは混合団体銀メダルを獲得しており、東京パラリンピックでは金メダル獲得が期待されています。

廣瀬隆喜のプロフィール

名前:廣瀬 隆喜(ひろせ たかゆき)
生年月日:1984年8月31日
出身:千葉県君津市
身長:158cm
競技クラス::BC2
学歴:千葉県立袖ケ浦養護学校(現・千葉県立袖ケ浦特別支援学校)
所属:西尾レントオール株式会社

廣瀬隆喜の障害

廣瀬隆喜選手は、先天性脳性麻痺による四肢体幹機能障害を抱えています。

生まれてすぐの頃には障害に気が付かなかったようですが、生後6か月ごろになっても、手をグーにしたままだったので、病院に行ったところ、検査で分かったそうです。

以前はを使用して、歩いていましたが、現在は車いすで生活をされています。

また、にも軽い障害があります。

廣瀬隆喜選手左利きですが、習字を習ったところ、右手でも書けるようになったそうです。

廣瀬隆喜の母

廣瀬隆喜選手4人家族です。

母親の喜美江さんはとても素敵な方で、広瀬隆喜選手ボッチャを始めることになった時には、少しでもボッチャを理解しようと、審判の資格を取得されています。

廣瀬隆喜の経歴

廣瀬隆喜選手は若い頃からスポーツに打ち込んでいて、中学生の頃はビームライフルをされていました。

高校からは車いす陸上をはじめ、高校2年生の時には60m走千葉県記録を出して、優勝されています。

その後、高校卒業後も長く続けられるスポーツを探していたところ、ボッチャと出会い、高校3年生からボッチャを始めました。

元々、運動神経が良かったこともあり、ボッチャを始めたその年の千葉ボッチャ選手権大会で早くも初優勝を飾っています。

翌2003年日本ボッチャ選手権大会では初出場3位!

2006年日本ボッチャ選手権大会初優勝!!

日本ボッチャ選手権大会ではその後2009年まで4年連続優勝を果たしています。

パラリンピックには2008年北京からロンドンリオ3大会連続出場

リオパラリンピックでは団体戦日本初となる銀メダル獲得に貢献しました。

廣瀬隆喜の結婚と嫁

廣瀬隆喜選手は現在、独身です。

彼女についての情報も特に見つかりませんでした。

廣瀬隆喜のまとめ

2021年東京で行われるパラリンピック4大会目の出場となる廣瀬隆喜選手

前回の銀メダルを超える成績を期待したいですね!



よろしければこちらもどうぞ→新井大基(ボッチャ解説)のwiki風プロフ!パラリンピックで話題に!野球の実力は?