その他のスポーツ

山崎悠麻(バドミントン)のwiki風プロフ!結婚した夫や子は?交通事故についても!

山崎悠麻 パラリンピック バドミントン

女子バドミントンパラリンピック日本代表山崎悠麻選手

ダブルスでは世界ランキング1位にもなったこともある実力者です。

2021年の東京パラリンピックではシングルダブルスの2種目に出場し、金メダルを目指しています。

山崎悠麻(ゆま)のプロフィール

名前:山崎 悠麻(やまざき ゆま)
生年月日:1998年4月8日
出身:東京都国分寺市
身長:160cm
種目:バドミントン(WH2クラス)
所属:NTT都市開発

山崎悠麻(ゆま)の小中学時代

山崎悠麻選手小学2年生からバドミントンを始めました。

小学6年生の時にはダブルスプレーヤーとして全国大会出場も経験しています。

中学からは強豪校に入学し、バドミントンを続けた山崎悠麻選手でしたが、
「全国でバンバン勝てる選手ではないことも分かりました」
と、中学3年生で区切りをつけて、バドミントンを止めてしましました。

山崎悠麻(ゆま)の交通事故

山崎悠麻選手高校1年交通事故に遭い、脊髄損傷で腰から下の感覚を失っています。

山崎悠麻選手自身事故のことを全く覚えていないそうです。

「事故のことは、私自身はまったく覚えていないんです。まだ未成年でしたし両親もあえて事故のことは教えてくれていません。ただ、脊髄損傷で下半身はまったく感覚がなくなり自力では立つ事すら出来なくなっていました」

パラバドミンドン 山崎悠麻「車いすで回転している人がいたら、それが私」

それ以降はスポーツとは無縁の生活を送っていた山崎悠麻選手でしたが、2013年25歳の時に友人から教えてもらい偶然、試合を観戦しに行った全国障害者スポーツ大会を見て、バドミントンをしたいという想いが再燃しました。

その頃、山崎悠麻選手はすでに結婚されていて、長男を出産したばかりでしたが、家族の人たちも山崎悠麻選手が家にこもって家事育児だけを出来るタイプではない、との理解があり、
「山崎悠麻さんが楽しく頑張れるなら、応援するよ」
と、山崎悠麻選手の気持ちを尊重してくれました。

2014年12月には、腕試しのつもりで出場した日本選手権で、いきなりシングルス2位の快挙を達成しています。

その後もめきめきと実力をつけ、日本障がい者バトミントン選手権6連覇ダブルスでは2019年世界ランキング1位すばらしい成績を残すまでになりました。


2017年からは競技に専念するため、それまで働いていた調布市役所からNTT都市開発株式会社転職

ダイバーシティ推進室に所属しながらバドミントンに取り組んでいます。

山崎悠麻(ゆま)の結婚と夫

山崎悠麻選手22歳の時に結婚されています。

旦那さんの名前は篤史さんといい、山崎悠麻選手より3歳年上です。

山崎悠麻選手交通事故に遭う前の、中学生の時から交際されていたとのこと。

これまで2人で、幾度も困難を乗り越えてきたのでしょうね。

とても素敵な夫婦に思えますね。

山崎悠麻(ゆま)の子ども

山崎悠麻選手結婚の翌年長男、その2年後次男出産されています。

長男の名前は倖翔(ゆきと)、次男の名前は翔湊(かなた)です。

山崎悠麻(ゆま)のまとめ

山崎悠麻選手東京パラリンピックでは、バドミントン女子ダブルス(車いすWH)バドミントン女子シングルス(車いすWH2)の2種目に出場予定です。

特に里見紗李奈選手と組むダブルスでは金メダルの有力候補にも名前が上げれています。

これまで支えてくれた家族のためはもちろんですが、何よりもこれまで頑張ってきた山崎悠麻選手自身のために、いい結果を残してほしいですね!


里見紗李奈選手についてはこちらを→里見紗李奈(バドミントン)のwiki風プロフ!父母や彼氏は?交通事故や出身中学高校は?