野球

伊藤大稀(智辯和歌山)はドラフト候補のピッチャー!出身中学や球速球種は?

伊藤大稀 智辯和歌山 甲子園決勝

智辯和歌山ドラフト候補伊藤大稀投手

身長184cm体重87kgの恵まれ体格を持つ本格派のピッチャーです。

3年夏和歌山県大会決勝先発を任された伊藤大稀投手は、
今年のドラフト1位候補である市立和歌山の小園健太投手に投げ勝って、甲子園出場を決めています。

伊藤大稀(だいき)のプロフィール

名前:伊藤 大稀(いとう だいき)
出身:和歌山県かつらぎ町
身長:184cm
体重:87kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:かつらぎ町立笠田小学校→かつらぎ町立笠田中学校→智辯和歌山高校

伊藤大稀(だいき)の小中学時代

伊藤大稀投手は小学生から笠田クラブ野球を始めました。

その頃の伊藤大稀投手ファーストがメインで、ピッチャーはときどきやる程度、それほど目立つ存在ではありませんでした。

小学校卒業後はかつらぎ町立笠田中学校進学

笠田中学校軟式野球部は永らく休部状態でしたが、伊藤大稀投手たちが中心となって、復活させています。

伊藤が進学したかつらぎ町立笠田中は、野球部が休部状態だった。伊藤を含め笠田小出身の野球経験者が「少年野球の仲間と一緒に野球をやりたい」と希望し、保護者が学校にかけ合った。学校側が出した条件は「部員10人を集めれば野球部の復活を認める」というものだった。笠田中は1学年60名程度の小規模な中学校だけに、容易な数字ではなかった。

智辯和歌山・伊藤大稀が中学時代に起こした奇跡。野球部をつくった仲間たちへの想い

中学から本格的にピッチャーを始めた伊藤大稀投手は、3年次にはエースとして、わずか部員13名のチームを引っ張り、2季連続で全国大会出場を果たしています。

とても漫画チックな展開ですね!

伊藤大稀(だいき)の高校時代

中学卒業後は、地元の期待を一身に背負い、名門・智辯和歌山高校に進学します。

高校では1年秋からベンチ入り

2年秋公式戦では9試合中3試合リリーフで登板し、和歌山県大会3位近畿大会ベスト8を経験しました。

3年夏和歌山県大会では5試合中4試合に登板。

合計12イニングを投げ、14奪三振2失点の好成績で、優勝に貢献!

決勝市立和歌山戦では先発に抜擢されると、7回途中1失点の好投を見せ、小園投手との投手戦を制しています。


智辯和歌山高校同期のチームメイトには、プロ注目の中西聖輝投手、徳丸天晴選手、高嶋奨哉選手、宮坂厚希選手らがいます。

中西聖輝投手についてはこちらを→中西聖輝(智辯和歌山)はドラフト候補のピッチャー!出身中学や進路は?球速球種は?

徳丸天晴選手についてはこちらを→徳丸天晴(智辯和歌山)の父や弟もすごい?ポルテとは?ドラフト注目!

高嶋奨哉選手についてはこちらを→高嶋奨哉(智辯和歌山)は2021ドラフト注目!父と祖父もすごい!身長体重は?

宮坂厚希選手についてはこちらを→宮坂厚希(智辯和歌山)はイケメン主将のドラフト候補!ハーフなの?出身中学や進路は?

伊藤大稀(だいき)のプレースタイル

伊藤大稀投手プロ注目スリークォーターピッチャーです。

ストレートの最速3年夏に記録した147km/h

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップ

ピンチに動じないマウンド度胸の持ち主で、高校では主にリリーフとして活躍しています。

伊藤大稀(だいき)の進路

伊藤大稀投手はまだ高校卒業後の進路に関しては明らかにされていません。

現時点では大学進学が有力と見られています。

伊藤大稀(だいき)のまとめ

智辯和歌山高校日本一を達成するためには、伊藤大稀投手の活躍が不可欠です。

伊藤大稀投手のピッチングで、智辯和歌山高校2000年夏以来甲子園優勝を引き寄せてほしいですね!


よろしければこちらもどうぞ↓

智辯和歌山野球部2021メンバー!イチロー効果で日本一?出身中学や監督は?

2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/打者(野手)編!日程も!