野球

エドポロケイン(日本航空)はハーフのドラフト候補!兄もすごい?父母や出身中学は?

エドポロ・ケイン 日本航空 兄 

日本航空高校ドラフト候補エドポロ・ケイン選手

身長187cm体重79kgの恵まれた体格を持つ外野手です。

体が大きく、一見、怖そうですが、大阪出身関西弁を操り、陽気な性格とのこと。

また、二人の兄プロ注目選手で、アマチュア野球界では“エドポロ3兄弟”として知られています。

エドポロ・ケインのプロフィール

名前:エドポロ・ケイン
出身:大阪府大阪市
身長:187cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:大阪市立巽中学校→日本航空高校

エドポロ・ケインの父と母

エドポロ・ケイン選手お父さんナイジェリア人お母さん韓国人です。

両親の経歴など詳しいことはわかっていませんが、お父さん阪神ファンらしいです。

野球を始めたきっかけは阪神ファンと行った甲子園の大歓声で、「ホームランで甲子園に行きたい」と意気込んだ。

柏日体・エドポロは場外弾6発

※エドポロ・ケイン選手お兄さん記事

エドポロ・ケインの兄

エドポロ・ケイン選手には二人お兄さんがいます。

6歳上長男社会人野球ジェイプロジェクトでプレーしているエドポロ・ジョセフ選手です。

日体大柏時代には、高校通算37本塁打を記録しているスラッガー。


日本体育大学時代にもドラフト候補として名前が挙がっていましたが、プロ志望届提出せず

今年(2021年)大卒社会人2年目で、ドラフト指名解禁の年にあたり、兄弟での同時指名もあるかも?

また、3歳上の次男・エドポロ・キング選手もと同じ日体大柏でプレーし、高校通算28本塁打を記録しています。

キング選手の高校卒業後の進路不明

どうやら野球を辞められているみたいですね。

エドポロ・ケインの小中学時代

エドポロ・ケイン選手二人の兄の影響で、幼稚園の時から野球を始めました。

中学時代南大阪ベースボールクラブでプレー。

尊敬するたちとは違う高校で勝負したい、との想いを常に持っていたエドポロ・ケイン選手は、最初に声をかけてもらったことが縁で、中学卒業後は、山梨県にある日本航空進学します。

エドポロ・ケインの高校時代

中学時代から長打力に自信があったエドポロ・ケイン選手は1年生からベンチ入りし、活躍したいと考えていました。

しかし、高校のレベルの高さの前に目論見は崩れ、自信を失いかけた時期もあったそうです。

「中学校のときと全然違くて、こんな中で最初やっていけるかなと思いました。自信あったのは長打力なんですけど、先輩たちは自分より全然飛ばすので、自信はなくなりました」

高校野球ドットコム

それでも、2年秋から外野のスタメンを獲得すると、そこからホームランを量産!

3年春関東大会まで17本塁打を記録します。

関東大会では初戦(2回戦)センバツ優勝東海大相模と対戦。

エドポロ・ケイン選手3安打3打点の活躍で、勝利に貢献しました。


3年夏山梨県大会では3番・センターとして、6年ぶりの県大会優勝を達成しています。


高校の同期のチームメイトにはプロ注目のサウスポー・ヴァデルナ・フェルガス投手らがいます。

ヴァデルナ・フェルガス投手についてはこちらを→ヴァデルナフェルガス(日本航空)はハーフのドラフト候補!父母は?出身中学は?

エドポロ・ケインのプレースタイル

エドポロ・ケイン選手は身体能力の高い外野手です。

詰まってもスタンドインさせるパワーが魅力

3年夏山梨県大会前までで高校通算24本塁打を記録しています。

参考にしている選手は、メジャーリーガーのバリー・ボンズ、ミゲル・カブレラ。

エドポロ・ケインの進路

エドポロ・ケイン選手プロ志望です。

「県大会で優勝して、甲子園に行きたい。甲子園で勝つことが、(プロ入りに)つながると思う。チームの勝利に貢献できるようにしたい」
と話されていました。

エドポロ・ケインのまとめ

“エドポロ3兄弟” の中で一番プロにちかいのはエドポロ・ケイン選手だと思います。

3年夏甲子園で活躍して、ドラフト指名を勝ち取ってほしいですね!


よろしければこちらもどうぞ↓
2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/打者(野手)編!日程も!