ジョー(名古屋グランパス)ブラジル代表のプレースタイルや年俸は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今季J1に復帰した、名古屋グランパスが獲得したジョアン・アウベス・デ・アシス・シウバ選手。(通称ジョー)
移籍金はなんと約15億円!
年俸は約4億円!
グランパスは、よっぽどJ2が嫌だったのか?
もう2度とJ2に落ちるものかという気概が感じられますね。
降格争いどころか、ジョー選手の活躍次第では、復帰1年目から優勝争いに加わってくるかもしれません。

ジョー選手は、2014年には、ブラジル代表としてワールドカップにも出場している大型ストライカーです。
日本に来るブラジル代表というから、ピークを過ぎた選手かと思いきや、ジョー選手は、まだ30歳で、昨シーズンもブラジル国内リーグで得点王MVPを獲得したほどの現役バリバリの選手です!
今シーズンのJリーグでも得点王の最有力候補ですね。

 

名前:ジョアン・アウベス・デ・アシス・シウバ
生年月日:1987年3月20日
出身:サンパウロ
身長:191cm
体重:96kg
ポジション:FW
経歴:コリンチャンス→CSKAモスクワ→マンチェスター・シティ→エヴァートン→ガラタサライ→インテルナシオナル→アトレチコ・ミネイロ→アル・シャバブ→江蘇蘇寧→コリンチャンス→名古屋グランパス

 

ジョー選手は、7歳でブラジルの名門コリンチャンスの下部組織に入団。
トップチームの公式戦に16歳3ヶ月29日で初出場していますが、これは、100年以上歴史のあるコリンチャンスの最年少記録です。
その後、ロシアやイングランド、トルコのクラブチームでプレー。
2011年からは、ブラジルのクラブチームに戻ってプレーしています。
2014年には、ブラジル代表として、ワールドカップにも出場しました。

スポンサードリンク

○スランプ
しかし、その後、度が過ぎる夜遊び飲酒が原因でスランプにはまり、どん底の時代を過ごしています。
2015年からは、UAEのアル・シャバブや中国の江蘇蘇寧でプレーしていますが、いずれも活躍できず、半年ほどで退団しました。
江蘇蘇寧を退団した後は、4か月ほど所属先が決まらない状態が続き、2017年に自分が育ったコリンチャンスに復帰しています。

 

○復活
コリンチャンスに戻ったジョー選手は、心を改め、酒を断ち、過去に例のないほど必死に練習して、見事復活
2017年には、リーグ優勝に貢献、自身も得点王MVPに輝いています。

 

○なぜ日本に?
ジョー選手はインタビューで、
「日本は先進国だ。自分の家族、生まれたばかりの息子のことを考えると、治安や教育といったことは大きかった。それに僕だけじゃなく、コリンチャンスにとっても無視できないオファーだった。両方を喜ばせるものだったね。コリンチャンスを離れるのはつらいけど、サッカーはこういうものだ」
と、理由に家族クラブチームを挙げています。
特に、現在のブラジルは深刻な経済不況で、多額の負債抱えていコリンチャンスにとっては約15億円といわれる移籍金は魅力的だったようです。

 

「代表は常に目標」とジョー選手。
昨シーズンの活躍で、ブラジル代表復帰の噂も絶えません。
もしかしたら、ロシアワールドカップのブラジル代表にも選ばれるかも?
ジョー選手の今シーズンのJリーグでの活躍が楽しみです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ