野球

秋山正雲(二松学舎大附)はドラフト候補のピッチャー!兄もすごい?出身中学や球速球種は?

秋山正雲 二松学舎大附 進路

二松学舎大附属高校ドラフト候補秋山正雲投手。

「秋山正雲」の名前の読み方は“あきやま せいうん”

高校の先輩の大江竜聖投手に憧れるプロ注目の左ピッチャーです。

1982年のセンバツでエース左腕としてセンバツ準優勝を遂げた市原勝人監督の下、東京トップクラスのピッチャーにまで成長!

2年秋、3年春2季連続都大会ベスト4入りを果たしています。

秋山正雲のプロフィール

名前:秋山 正雲(あきやま せいうん)
生年月日:2003年4月29日
出身:千葉県流山市
身長:171cm
体重:77kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:流山市立東深井中学校→二松学舎大附属高校

秋山正雲の兄

秋山正雲投手3歳上白鴎大学の秋山龍正選手です。

ポジションはキャッチャー

高校時代は八戸学院光星でプレーし、3年夏には正捕手として甲子園出場を果たしています。


白鴎大学でも1年生からスタメンで試合に出場しており将来はプロでバッテリーを組むこともあるかも?

秋山正雲の小中学時代

秋山正雲投手小学1年生から流山カージナルス軟式野球を始めました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、ヤクルトジュニア入りを果たしています。

中学からは硬式の荒川シニアでプレー。

中学でも早くからは頭角を現し、主力として活躍!

卒業後は、同じサウスポーの大江竜聖投手に憧れ、東京都にある二松学舎大附属高校進学しました。

ちなみに荒川シニアから二松学舎大附属高校という進路は、日本代表の主砲・鈴木誠也選手(現・広島)と同じですね。

秋山正雲の高校時代

秋山正雲投手は高校では1年夏からベンチ入り

1年秋の東京都大会には背番号1を付けて臨みましたが、明治大学付属中野八王4対7で敗れ、初戦敗退

翌2年夏独自大会背番号18の控えで、登板はありませんでした。

2年秋からは再び背番号1を付けると、2年秋3年春2季連続東京都大会ベスト4入りを果たしています。

秋山正雲のプレースタイル

秋山正雲投手身長171cm小柄なサウスポーです。

ストレート最速146km/h。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップ

特にチェンジアップを効果的に使い、投球の幅を広げています。

2年秋東京都大会では全5試合648球を一人で投げ抜くなどスタミナも豊富です。

遠投90メートル。

50メートル走6秒3。

秋山正雲の進路

秋山正雲投手はまだ高校卒業後の進路に関しては明らかにされていません。

秋山正雲のスカウト評価

巨人・木佐貫スカウト
「投げ手側の打者の内は投げにくいものだけど、しっかり投げていた」

ソフトバンク・宮田善久アマスカウトチーフ補佐
「真っすぐの強さ、気持ちの強さがすばらしい。チェンジアップも有効だった」

秋山正雲のまとめ

秋山正雲投手が目標とする大江竜聖投手は2年時に甲子園で活躍して、プロ入りを勝ち取っています。

秋山正雲投手も今年の夏は甲子園に出場して、評価を高め、大江竜聖投手に続いてのプロ入りを果たしてほしいですね!


秋山正雲投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?