野球

井崎燦志郎(福岡高校)はドラフト候補のピッチャー!出身中学や進路は?球速球種は?

井崎燦志郎 福岡高校 ドラフト

福岡高校ドラフト候補井崎燦志郎投手。

「井崎 燦志郎」の名前の読み方は“いざき さんしろう”

県立の進学校に在籍する文武両道のプロ注目ピッチャーです。

野球の実力もかなりのもので、2年夏福岡県独自大会では、1学年上の山下舜平大投手(2020年オリックスドラフト1位)擁する福岡大大濠を倒して、優勝を達成しています。

井崎燦志郎のプロフィール

名前:井崎 燦志郎(いざき さんしろう)
生年月日:2004年2月9日
出身:福岡県福岡市
身長:188cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー兼外野手
経歴:福岡市立住吉小学校→福岡市立住吉小中学校→福岡県立福岡高校

井崎燦志郎の小中学時代

井崎燦志郎投手小学4年生から東住吉ライオンズ軟式野球を始めました。

中学時代は福岡中央ボーイズでプレー。

3年時にはエースとして活躍し、日本少年野球ミズノ旗争奪九州選抜大会準優勝を経験しています。

井崎燦志郎の高校時代

中学卒業後は県立の福岡高校進学

福岡高校偏差値72、毎年、九州大学に100人以上の合格者を出している超進学校です。

OBにはラグビー日本代表で、今春に医師を目指すため現役を引退した福岡堅樹さんらがいます。

井崎燦志郎投手1年秋から控えとしてベンチ入り

2年夏福岡県独自大会には背番号9ピッチャー兼外野手として出場。

全5試合中3試合先発し、福岡地区優勝に貢献しました。

決勝の福岡大大濠戦では5番ライトで出場し、登板はありませんでしたが、福岡大大濠エースの山下舜平大投手のピッチングを間近で見て、
「真っすぐだけなら負けていなかった」
と自信を深めました。


2年秋から背番号1を付けて、マウンドに上がります。

しかし、福岡工大城東8回コールド3対10で敗れ、初戦敗退でした。

井崎燦志郎のプレースタイル

井崎燦志郎投手身長188cm体重85kgの恵まれ体格を持つ本格派のピッチャーです。

ストレート最速3年春の練習試合で記録した149km/h

変化球は2種類のスライダーカーブフォークボール。

憧れの投手はソフトバンク・千賀滉大投手。

遠投110メートル。

50メートル走6秒2。

井崎燦志郎の進路

井崎燦志郎投手は高校入学時には筑波大早大慶大などで野球を続ける予定でしたが、現在は考えを変え、高卒プロを目指す予定です。

井崎燦志郎のまとめ

井崎燦志郎投手にはすでにプロ11球団が注目しています。

高校最後の夏は昨夏以上の結果を残して、ドラフト指名を勝ち取ってほしいですね!


井崎燦志郎投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?