野球

宮路悠良(東海大)はドラフト候補のピッチャー!父弟もすごい?進路や球速球種は?

宮路悠良 東海大 父兄

東海大学ドラフト候補宮路悠良投手。

身長185cm体重83kgの恵まれ体格を持つ本格派のピッチャーです。

名前の「宮路 悠良」“みやじ ゆら”と読みます。

東海大高輪台高校時代には指名漏れを経験。

それでも、大学進学後はストレート最速151km/hまで伸ばすなど、成長を見せています。

宮路悠良のプロフィール

名前:宮路 悠良(みやじ ゆら)
出身:東京都荒川区
身長:185cm
体重:83kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:荒川区立尾久第六小学校→駿台学園中学校→東海大高輪台高校

宮路悠良の父

宮路悠良投手の父・宮路正秀さんはバレーをされていました。

高校時代は名門・東亜学園に所属。

センターとして活躍し、春高ではベスト16入りを果たしています。

身長185cmと大柄な宮路悠良投手ですが、父親譲りなのでしょうね。

宮路悠良の弟

宮路悠良投手5歳下の弟・宮路空夢(みやじ らん)投手も将来、有望なピッチャーです。

中学時代には全国大会ベスト4を経験している他、東東京代表にも選ばれています。

現在は、も通っていた東海大高輪台に所属。

今後、注目されること間違いない選手です。

宮路悠良の小中学時代

宮路悠良投手小学1年生から荒川コンドル軟式野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

当時はピッチャー兼センターとしてプレーしていました。

中学卒業後は
「東海大系列で1校だけ甲子園に行っていない。自分が連れて行く」
と、あえて甲子園に出場経験のない東海大高輪台進学します。

宮路悠良の高校時代

高校ではは1年夏東東京都大会からベンチ入り。

3回戦小山台戦では先発に抜擢されますが、4回2失点で敗れています。

翌2年秋の新チームからはエースの座を獲得。

3年夏東東京都大会では、主に抑え投手として7試合中6試合に登板。

21イニングを投げ、3失点19奪三振の活躍で、9年ぶりの準優勝に貢献しました。


高校時代から最速147km/hを記録し、中日ヤクルトなど複数のプロ野球チームから注目をされていた宮路悠良投手3年秋にはプロ志望届提出。

しかし、残念ながら、指名漏れに終わり、系列の東海大学へと進学しました。

宮路悠良の大学時代

大学では2年秋からリーグ戦に出場。

チームが優勝して臨んだ2年秋明治神宮大会では全3試合中2試合リリーフで登板し、ベスト4入りに貢献しました。


その後、3年春のリーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中止。

3年秋には不祥事による無期限活動休止を経験しました。

東海大野球部メンバー2020!大麻で逮捕された部員は誰?ドラフト注目選手は?

東海大学の同期のチームメイトには門馬大選手、小玉佳吾選手らがいます。

門馬大選手についてはこちらを→門馬大(東海大)は目の大怪我を乗り越え主将に!父妹弟や進路は?東海大相模時代は?

小玉佳吾選手についてはこちらを→小玉佳吾(東海大)は東海大菅生出身のドラフト候補!進路や中学時代は?

宮路悠良のプレースタイル

宮路悠良投手はストレートで押すピッチングが持ち味のリリーフタイプのピッチャーです。

185cmの長身から最速151km/hストレートを投げ込みます。

変化球スライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップ。

50メートル走6秒1。

宮路悠良の進路

宮路悠良投手はまだ大学卒業後の進路に関してはあきらかにされていません。

高校時代にプロ志望届を提出していることからもわかるようにプロ志望の持ち主です。

大卒でプロを目指すかは、4年時の成績次第ではないでしょうか。

宮路悠良のまとめ

宮路悠良投手は大学での実績は不足気味です。

それでも、能力的には素晴らしいものを持っているのは間違いありませんので、大学から直接でも、社会人経由でも構わないですから、プロ入りを目指し続けてほしいですね!

大事なのは何歳からプロになるかではなくて、プロに入ってからどれだけ活躍できるかだと思いますね。


宮路悠良投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?