野球

坪井洸之介(創志学園)は父祖父もすごいドラフト候補!中学時代や進路は?

坪井洸之介 創志学園 父 祖父

創志学園ドラフト候補坪井洸之介選手。

俊足巧打のプロ注目のショートです。

プロ野球選手祖父を持ち、親子三代でのプロ入りを目指しています。

坪井洸之介のプロフィール

名前:坪井 洸之介(つぼい こうのすけ)
生年月日:2004年3月24日
出身:兵庫県神戸市
身長:176cm
体重:73kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:神戸市立井吹台中学校→創志学園

坪井洸之介の父

坪井洸之介選手の父・坪井智哉さんは元プロ野球選手です。

現役時代のポジションは外野手。

PL学園、青山学院大学、東芝を経て、1997年ドラフト阪神4位で指名を受け、入団。

プロでは1年目から、打率.327の好成績を残しています。

この打率.327というのは、いまだ破られていないセ・パ両リーグの2リーグ制分立後の新人最高打率です。


その後、日本ハム、オリックス、アメリカ独立リーグでプレーし、2014年引退。

現在は横浜DeNAベイスターズ一軍打撃コーチを務めています。

坪井洸之介の祖父

また、坪井洸之介選手の祖父・坪井新三郎さんも元プロ野球選手です。

現役時代のポジションは内野手。

PL学園を卒業後、PL教団、マツダオート名古屋、富士製鐵名古屋でプレーし、1969年ドラフト外中日ドラゴンズへ入団。

しかし、プロではあまり活躍することはできずに、1976年太平洋クラブライオンズトレードされ、翌年、引退されています。

坪井洸之介の小中学時代

坪井洸之介選手小学4年生から高倉台少年野球団野球を始めました。

当時のポジションはショート兼ピッチャー。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、オリックスジュニアに選出されています。

中学時代は神戸中央シニアセカンドとしてプレー。

中学3年春には全国選抜大会準優勝を経験しました。

坪井洸之介の高校時代

中学卒業後は岡山県にある創志学園進学します。

高校では1年秋から背番号14ベンチ入り。

セカンド外野を守り、2年秋からショートのレギュラー。

2年秋岡山県大会では、主に3番打者を任され、優勝に貢献しました。


続く中国地区大会では初戦宇部鴻城戦1番・ショートで出場。

坪井洸之介選手4打数0安打に抑えられ、チームも2対7で敗れています。

坪井洸之介のプレースタイル

坪井洸之介選手はバットコントローに優れた左打ちのショートです。

野球を始めた時は右打ちでしたが、小学5年生の時にと同じ左打ちに転向。


打撃の参考にしているのは
「前のポイントで打つところが自分と同じなので」
という理由で、父と親交のあるイチローさんです。

50メートル走6秒2。

坪井洸之介の進路

坪井洸之介選手はまだ高校卒業後の進路に関しては明らかにされていません。

高校から直接というよりは、お父さんのように大学や社会人経由でプロ入りしそうなタイプに思えますが、どうされるのでしょうね?

坪井洸之介選手の進路に関しては何か分かりましたら、改めて追記させていただきます。

坪井洸之介のまとめ

祖父はともに名門・PL学園出身ですが、2人とも甲子園には出場されていません。

坪井洸之介選手には親子三代のプロ野球選手になる前に、ぜひ、坪井家初の甲子園出場を達成してほしいですね!


坪井洸之介選手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?