その他のスポーツ

髙橋藍(バレーボール)はハーフなの?父や兄もすごい?シューズや東山高校時代は?

髙橋藍 バレーボール

男子バレーボール日本代表髙橋藍選手。

最髙到達点345㎝から放つアタックが魅力のアウトサイドヒッターです。

名前の「髙橋藍」“たかはし らん”と読みます。

東山高校時代3年時には主将として、春高バレーでチームを初優勝に導きました。

日本体育大学進学後は、日本代表にも選出され、東京オリンピック出場が期待されています。

髙橋藍のプロフィール

名前:髙橋 藍(たかはし らん)
生年月日:2001年9月2日
出身:京都府京都市
身長:188cm
体重:82kg
血液型:O型
ポジション:アウトサイドヒッター
経歴:京都市立蜂ケ岡中学校→東山高校→日本体育大学

髙橋藍はクォーター!

しゅんとした顔立ちで、イケメン髙橋藍選手。

ネット上ではハーフでないか?との噂もあります。

気になって調べてみましたら、髙橋藍選手ハーフではなく、クオーターでした。

母方の祖父アメリカ人で、お母さんハーフとのこと。

さらにはイギリスドイツの血も入ってるらしいです。

髙橋藍の父と兄と妹

髙橋藍選手の2歳上の兄・髙橋塁選手もバレーボールをされています。

髙橋藍選手と同じ東山髙校出身で、3年時には主将を務めていました。

現在、日本大学レギュラーとして活躍中です。

また、髙橋藍選手は、5人家族で、父、母、兄の他にが一人います。

の髙橋莉々さんもバレーボールをされているそうです。

こちらは3人兄妹の幼き頃の写真ですね↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

髙橋 塁(Takahashi Rui)(@rui_takahashi_)がシェアした投稿


お父さんについては詳しいことはわかっていませんが、野球好きだそうです。

髙橋藍選手藍(らん)ホームランの「ラン」、髙橋塁選手の名前の塁(るい)は、一塁、二塁の「塁」からと、それぞれ野球用語から付けられています。

妹さんの「莉々」は何からでしょうね?

髙橋藍の小中学時代

髙橋藍選手お兄さんの影響で小学2年生からバレーを始めました。

中学時代には3年連続全国大会へ出場!

2年時には全国制覇も果たしています。

中学までの髙橋藍選手はそれほど背が高くなく、主にリベロとしてプレーしていました。

髙橋藍の高校時代

中学卒業後は、の後を追い、京都名門・東山高校進学します。

しかし、京都には東山高校の他にも洛南高校という強豪校があり、
しかも、1学年上には超高校級のプレーヤーである大塚達宣選手(現・早稲田大学)がいたため、なかなか全国大会まで進めずにいました。

大塚達宣選手についてはこちらを→大塚達宣(洛南)進路は早稲田!身長や中学は?最高到達点が凄い!

それでも、3年時には、主将を務め、国体では京都代表として優勝!

1月全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)では初優勝を達成しました。


また、東山高校を卒業する直前の2020年2月には日本代表候補入りを果たし、ナショナル・トレーニング・センターでの代表合宿へ参加しています。

髙橋藍の大学時代

高校卒業後は、日本体育大学進学。

大学でも1年生から主力としてプレーし、1年生11月に行われた日本インカレではベストスコアラー賞を獲得する活躍で、準優勝に貢献しました。

準決勝ではお兄さんのいる日本大学と対戦し、ストレートで勝利しています。

髙橋藍のシューズ

髙橋藍選手については履かれているシューズも気になっている人が多いようですね。

髙橋藍選手は高校時代からアシックス製を愛用されています。

2021年1月時点ではアシックス「V-SWIFT FF」というモデルを履かれているようです。

「V-SWIFT FF 」にはミッドカット「MT2」と、ローカット「FF2」があり、髙橋藍選手はその両方のタイプを使い分けられています。

髙橋藍のまとめ

2021年5月に行われた日本代表国際親善試合ではチーム最年少ながら、19得点を挙げ、鮮烈な日本代表デビューを飾った髙橋藍選手。

この勢いのまま、東京オリンピックにも出場して、日本のメダル獲得のために貢献してほしいですね!