前田大然(松本山雅)彼女は小田川えりか?代表や読み方は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

「AFC U-23選手権中国2018」に挑むU-21日本代表メンバーが発表されました。
その中で、私が一番注目しているのが、2017年シーズン、レンタル移籍先の水戸で活躍したFW・前田大然選手です。
(※2018年シーズンは、松本山雅に復帰してプレーすることが決まっています。)

前田選手は、「J2最速」とも称される俊足武器の選手です。
特にトップスピードに乗るまでの加速がすごい!
あっという間にディフェンスを引き離していきます。
見ていて楽しい選手ですね。

またディフェンスでも、そのスピードをいかしたプレスがすごく、敵チームの選手に少しでも隙があると一瞬で間合いを詰めて、ボールを奪ってしまいます。

前田選手はこれまで、年代別日本代表の経験がなく、今回が初めての日の丸を背負っての戦いとなります。

 

名前:前田大然(まえだ だいぜん)
生年月日:1997年10月20日
出身:大阪府
身長:173cm
体重:67kg
ポジション:FW
経歴:太子町ジュニアサッカークラブ→川上FC→山梨学院大学附属高等学校→松本山雅FC→水戸ホーリーホック(期限付き移籍)→松本山雅FC

 

獣医師の父と、その動物病院を支える母のもとに生まれた前田選手は、5人兄弟の2番目として育ちました。
10歳の時に友達に誘われて、「太子町ジュニアサッカークラブ」でサッカーを始めています。

中学卒業後は、2010年に全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大学附属高校に憧れ、入学。
高校3年生の時にはエースとして活躍し、プリンスリーグ関東では、12得点を挙げて得点王になっています。
しかし、インターハイや選手権には出場はできませんでした。

高校卒業後は大学進学の予定でしたが、松本山雅の練習に2度参加し、実力を認められ入団。
プロ入り1年目は、リーグ戦9試合出場時間はわずか54分のみに終わっています。

翌2017年には、出場機会を求めて、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。
2節のツエーゲン金沢戦で、途中出場からプロ初ゴールを挙げると、徐々にスタメンの座を獲得。
最終的には、36試合に出場し、13ゴールを挙げました

来シーズンからは、松本山雅に復帰しプレーすることが決まっています。

スポンサードリンク

○ルックス
「あまり若く見られたくないので。25、26歳と言われるくらいがちょうどいい」
とスキンヘッドに薄っすらとあごひげを蓄えた、いかつい外見です。
また、へアスタイルにも強いこだわりを持ち、スキンヘッドは自前のバリカンで、刈り込んだものです。
「チャラチャラするのは嫌い。この方が気合が入る。昔からずっとこの髪型なので。サッカーをやっている間は絶対に変えない」
と、今の若い人には珍しく芯がある感じで、好感がもてますね。
活躍しても、浮かれて自分を見失ったりしなさそうな気がします。

 

○姉が女優
前田選手の2歳上のお姉さんは、NHK朝の連ドラで放送されていた「べっぴんさん」に綾子役で出演していた前田千咲さんです。
お姉さんも女優としては、かけだしですから、弟ともに今後の活躍が期待されています。

 

〇彼女は?
「小田川えりか」という名前が、よく一緒に検索されているようです。
どうやら以前、前田選手と小田川えりかが付き合っている、という趣旨の投稿があったからのようです。
ただ、本当に付き合っているのか、確証を得られるような情報はありませんでした。
彼女はいるのか?
いるとしたら「小田川えりか」なのか?
残念ながら分かりませんでした。

 

前田大然選手の当面の目標は、「東京オリンピック出場」です
まず第一歩として、U-21日本代表に選ばれました。
今後、代表に選ばれ続けることができるのか?
これからの、代表とJリーグでの活躍に注目です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ