チャナティップ(札幌)彼女は女優!年棒や身長や海外移籍は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年7月に、タイの「ムアントン・ユナイテッド」から「コンサドーレ札幌」にレンタル移籍で加入したチャナティップ・ソングラシン選手。
2018年から広島でプレーすることが決まっている、ティーラシン選手と同じくタイのスーパースターです
ティーラシン選手については詳しくはこちらを→ティーラシン(広島)タイ代表!
「タイのメッシ」と呼ばれるチャナティップ選手は、身長158cmと非常に小柄ながらも、キレのあるドリブルが武器アタッカーです。
タイ代表でも、19歳の時から主力としてプレーしている実力者で、Jリーグに慣れてきた2018年には、更なる活躍が期待されています。

 

名前:チャナティップ・ソングラシン
生年月日:1993年10月5日
出身:ナコーンパトム県
身長:158cm
体重:56kg
経歴:BECテロ・サーサナFC→ムアントン・ユナイテッドFC→北海道コンサドーレ札幌

 

チャナティップ選手は、18歳で「BECテロ・サーサナFC」でプロ生活をスタートさせました。
デビューした年に、タイ・プレミアリーグの新人王にあたる「年間最優秀若手選手賞」を受賞しています。

2013年にはJリーグの清水エスパルスに練習参加し、FC東京ジュビロ磐田などの複数クラブが獲得を目指していると噂されました。
2016年からはタイの強豪・ムアントン・ユナイテッドに移籍。
2017年の7月から、コンサドーレ札幌にレンタル移籍し、タイ人初のJリーガーとなっています。

 

〇年棒
2017年の推定年棒は600万円と言うことです。
しかしムアントン・ユナイテッド時代の年棒が、推定4000万円くらいだったと言われており、それを考えると600万は安すぎますね。
しかし4000万は、コンサドーレ札幌が出せる額ではないように思います。
Jリーグ市場を考えても、600万円は信ぴょう性が高いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

○代表歴
チャナティップ選手は、19歳の時にタイ代表デビュー。
2014年にAFFスズキカップ(東南アジアサッカー選手権)で優勝し、史上最年少でMVPを受賞しました。
続く2016年のAFFスズキカップでもMVPに選ばれ、二大会連続で受賞しています。

 

○彼女
チャナティップ選手の彼女は、タイの国民的女優・ピッチャナー・サクサゴーンさん(通称May)です。
Mayさんはチャナティップ選手より、12歳年上です。
身長もチャナティップ選手より12cm高い170cm!
愛があれば、年齢や身長の差なんて関係ないですね。
2017年の3月に日本で行われたタイ対日本代表とのワールドカップ最終予選や、チャナティップ選手のコンサドーレ札幌の入団会見の時も、日本に付いてきているラブラブっぷり!
彼女の年齢を考えると、そろそろ結婚も近いのでは!?

 

○プレミアリーグのレスター移籍?
2018年シーズンも日本でプレーしているところを見たいチャナティップ選手ですが、プレミアリーグのレスターへの移籍の噂があります。
レスターと言えば、日本代表の岡崎慎司選手が所属しているチームです。
現在のレスターの会長は、タイ人実業家のヴィチャイ・スリヴァッダナプラバさんで、自国のスター選手の獲得を熱望しているのだとか。
果たして、チャナティップ選手の決断は?
個人的には、2018年は広島にティーラシン選手が加入することですし、できれば札幌に残って、Jの舞台で、タイのスーパースターの対決を見てみたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ