野球

北山亘基(京都産業大)は京都成章出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?進路は?

北山亘基 京都産業大 京都成章

京都産業大学ドラフト候補北山亘基投手。

高い奪三振率を誇るプロ注目のピッチャーです。

京都成章高校時代には3年夏エースとして甲子園に出場するも、秋には指名漏れを経験。

それでも、大学で球速を151km/hまで伸ばし、大卒でのプロ入りを目指しています。

北山亘基(こうき)のプロフィール

名前:北山 亘基(きたやま こうき)
生年月日:1999年4月10日
出身:京都府京都市
身長:182cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:京都市立京都京北小中学校→京都市立周山中学校→京都成章高校→京都産業大学

北山亘基(こうき)の小中学時代

北山亘基投手小学3年生から京北ファースト少年野球クラブ内野手として野球を始めました。

5年生から本格的にピッチャーを始めます。

中学時代は軟式野球部に所属し、3年春には京都市大会ベスト8入り。

卒業後は、京都成章高校進学します。

北山亘基(こうき)の高校時代

高校では1年春からベンチ入り。

1年夏京都府大会では初戦先発に抜擢されますが、日星高校1対6で敗れています。

2年秋京都府大会2次戦1回戦負けを経て、翌2年春からはエース。

2年夏の京都府大会では、リリーフ1試合のみの登板で、3回戦敗退。

2年秋京都府大会不調により登板なし。

復活した3年春京都府大会では、全4試合先発し、ベスト8入り。

1次戦2回戦では強豪・洛星高校相手にノーヒットノーラン達成しています。


3年夏京都大会では全6試合をほぼ一人で投げ抜き、19年ぶりの甲子園出場に貢献!

京都府大会では49イ二ング60個もの三振を奪っています。

この数字はこの年、甲子園に出場したピッチャーの中で最多でした。


続く甲子園では1回戦で羽月隆太郎選手(現・広島)のいた神村学園と対戦。

北山亘基投手はで毎回の11奪三振を記録しましたが、試合は2対3サヨナラで敗れています。

3年秋にはプロ志望届提出。

しかし、指名漏れに終わり、京都産業大学進学しました。

北山亘基(こうき)の大学時代

大学では1年春からベンチ入り。

1年秋には13試合中9試合リリーフで登板し、0勝0敗、防御率0.96。


2年春には先発を任され、3勝1敗、防御率2.56の好成績で、新人賞にあたる平古場賞を獲得しました。

以降も主力として活躍を続けており、
3年秋のリーグ戦終了時点で、通算29試合に登板し、8勝6敗、防御率2.17の成績を残しています。

北山亘基(こうき)のプレースタイル

北山亘基投手最速151km/hストレートを投げる本格派のピッチャーです。

ノビのあるストレートに加え、スライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップ、スプリットなどの多彩な変化球を操り、多くの三振を奪います。
 
京都成章の松井常夫監督からはOB・大家友和投手以上の潜在能力の持ち主として期待されていました。

また、高校大学とピッチャーながら、主将を務めているリーダーシップも魅力です。

北山亘基(こうき)の進路

北山亘基投手は高校時代にプロ志望届を提出していることからも分かるように、非常に強いプロ志望の持ち主です。

おそらく、今秋には再びプロ志望届提出するものと思われます。

北山亘基(こうき)のまとめ

高校時代は指名漏れを経験した北山亘基投手ですが、大学では着実に成長しています。

次こそはドラフト指名を勝ち取ってほしいですね!

北山亘基投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?