野球

井奥勘太(天理大)は立正大淞南出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?進路は?

井奥勘太 天理大学 立正大淞南

天理大学ドラフト候補井奥勘太投手。

元阪神のレジェンドが認めたカーブを武器とする左ピッチャーです。

大学3年秋には関西の大学のピッチャーとしては唯一、日本代表の候補合宿のメンバーにも選ばれていました。

昨年、ドラフト2位で広島に指名された天理大学の1学年先輩・森浦大輔投手に続いてのプロ入りを目指しています。

井奥勘太のプロフィール

名前:井奥 勘太(いおく かんた)
生年月日:1999年11月30日
出身:兵庫県神戸市
身長:172cm
体重:72kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:神戸市立下畑台小学校→神戸市立桃山台中学校→立正大淞南高校→天理大学

井奥勘太の小中学時代

井奥勘太投手幼稚園年長から鵯台(ひよどりだい)ライオンズ野球を始めました。

小学生からは花谷少年野球部に所属。

中学時代はKBAカマタベースボールアカデミーでプレー。

KBAカマタベースボールアカデミーは、阪神球団史上最高の二塁手と呼ばれる鎌田実さん(2019年死去)が監督を務めていたチームです。

井奥勘太投手は鎌田さんから
「井奥の持っているカーブは通用するからそれを武器にしなさい」
と言われ、それ以来、握りを変えたことはなく、ピッチングの支えにしています。

井奥勘太の高校時代

中学卒業後は、島根県にある立正大淞南高校進学します。

高校では2年秋からエース。

2年秋島根県大会では全6試合中5試合完投し、準優勝に貢献しました。

続く中国地区大会では初戦鳥取城北高校戦先発。

9回を一人で投げ抜き、被安打12の粘投を見せましたが、試合は3対5で敗れています。


翌3年夏島根県大会では全3試合先発。

準々決勝で優勝した開星高校と対戦し、2対5で敗れ、ベスト8敗退でした。

井奥勘太の大学時代

天理大学では1年秋からベンチ入り。

2年春からは1学年上の森浦投手らとともに先発を任されます。

2年秋には2勝0敗、防御率2.25(リーグ2位)の活躍!

3年春新型コロナウイルスの影響によるリーグ戦中止を経験。

3年秋には勝ち星には恵まれなかったものの、3試合先発し、0勝0敗、防御率1.13の好成績を残しています。

また、11月に行われた奈良県知事杯では、優勝を達成!

個人でも最優秀投手賞を受賞しました。


この活躍が認められ、3年冬には関西の大学のピッチャーとしてはただ一人、大学代表候補合宿のメンバーに選ばれています。

その後、合宿自体は新型コロナウイルスの影響で中止。

井奥勘太のプレースタイル

井奥勘太投手身長172cm小柄なサウスポーです。

スリークォーターから最速145km/hストレートを投げ込みます。

変化球スライダー、カーブなど、

特にカーブは曲がり幅の大きく、右バッターの内角投げ込むクロスファイヤーなストレートとともに井奥勘太投手の大きな武器となっています。

井奥勘太の進路

井奥勘太投手は大学卒業の進路に関しては
「監督とも相談して決めたい」
と話されています。

おそらく、今秋にはプロ志望届提出するものと思われます。

井奥勘太のまとめ

井奥勘太投手の大学の同期のチームメイトには、井奥勘太投手とともにプロ入りを狙う牛島樹投手がいます。

もし、井奥勘太投手と牛島投手が同時にドラフト指名を受ければ、天理大学としては史上初の快挙です。

2人でチームを優勝に導くような活躍を見せて、プロ入りを果たしてほしいですね!

牛島樹投手についてはこちらを→牛島樹(天理大)は専大玉名出身のドラフト候補!父弟もすごい?フォームや球速球種は?

また、井奥勘太投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?