野球

松本健吾(亜細亜大)は東海大菅生出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?進路は?

松本健吾 亜細亜大学 東海大菅生

亜細亜大学ドラフト候補松本健吾投手。

東海大菅生時代から注目されていた本格派のピッチャーです。

高校3年夏西東京都大会では、決勝で清宮幸太郎選手のいた早稲田実業を破り、優勝!

甲子園でもベスト4入りを果たしました。

亜細亜大学進学後2年秋先発として、3勝を挙げるなど活躍を続けています。

松本健吾のプロフィール

名前:松本 健吾(まつもと けんご)
生年月日:1999年4月14日
出身:東京都中野区
身長:179cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:中野区立丸山小学校(現・中野区立緑野小学校)→中野区立緑野中学校→東海大菅生高校→亜細亜大学

松本健吾の小中学時代

松本健吾投手小学1年生から中野セネタース軟式野球を始めました。

中学時代は東京青山リトルシニアでプレー。

東京青山リトルシニア元プロ野球選手の宮下昌己さんが監督をされているチームです。

宮下昌己さんついては、クロマティに殴られたピッチャーといえば、わかる人も多いのではないでしょうか?


・・・わかった人は私と同様、もうおじさんですね。

松本健吾投手3年夏には岡部仁投手(現・日本体育大)との二枚看板日本選手権3位入賞を果たしています。

松本健吾の高校時代

中学卒業後は東海大菅生高校進学。

東海大菅生高校元プロ野球選手の若林弘泰さんが監督をされている高校です。

東京青山リトルシニアの宮下監督も若林監督もどちらも現役時代は中日でプレーされていますから、もしかしたらそのあたりの関係もあって、東海大菅生高校を選んだのかもしれませんね。

松本健吾投手は高校では1年生から控え投手としてベンチ入り。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得。

2年秋東京都大会では、2試合先発合計11回を投げ、1失点の成績で、3回戦敗退でした。

初戦大成高校戦では6回コールドながらノーヒットノーランを達成しています。

その後、怪我不調から1学年下の戸田懐生投手(現・巨人)に背番号1を譲ります。

背番号11を付けて臨んだ3年夏西東京都大会では4試合登板。

準々決勝では櫻井周斗投手(現・横浜DeNA)のいた日大三高校相手に8回3安打無失点の好投!


決勝では清宮幸太郎選手(現・日本ハム)のいた早稲田実業を相手に2失点完投勝利!!

17年ぶり3回目甲子園出場を達成しました。


続く甲子園からは背番号1に復帰し、4試合中3試合先発。

合計23回を投げ、6失点の活躍で、高校初のベスト4入りに貢献しました。


高校の同期のチームメイトには小玉佳吾選手(現・東海大学)らがいました。

小玉佳吾選手についてはこちらを→小玉佳吾(東海大)は東海大菅生出身のドラフト候補!進路や中学時代は?

松本健吾の大学時代

亜細亜大学では1年秋からリーグ戦に出場。

2年秋には先発の中心として3勝(3敗)をマーク。

國學院大學戦では12奪三振完封
駒澤大学戦では8回までノーヒットノーラン好投を見せていました。


その後、3年春のリーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中止。

3年秋のリーグ戦は1学年上の平内龍太投手(現・巨人)、内間拓馬投手(現・東北楽天)らの台頭もあり、登板なしに終わりました。

大学の同期のチームメイトにはプロ注目のサイドスロー・岡留英貴投手、木倉朋輝選手らがいます。

松本健吾のプレースタイル

松本健吾投手身長179cm体重76kgのプロ注目のピッチャーです。

セットポジションから最速147km/hストレートを投げ込みます。

変化球スライダー、フォーク、カーブ、スプリットなど。

遠投110メートル。

50メートル走6秒2。

松本健吾の進路

松本健吾投手はまだ大学卒業後の進路に関しては明らかにされていません。

ただし、
「まずはドラフトよりも、チームの勝利が優先。東都で連覇、日本一を果たしたい。その中で評価されてドラフトを迎えられれば」
と話されていますので、おそらく今秋にはプロ志望届を提出するものと思われます。

松本健吾のまとめ

松本健吾投手には大学4年生の今年はエースとしての活躍が期待されています。

チームを優勝に導くような活躍を見せて、その先にあるプロ入りを勝ち取ってほしいですね!