野球

福島蓮(八戸西野球部)はドラフト候補のピッチャー!フォームや球速球種は?進路は?

福島蓮 八戸西 野球

21世紀枠で甲子園初出場を決めた青森県立八戸西高校ドラフト候補・福島蓮投手。

189cmの長身から投げ込む角度のあるストレートが武器のピッチャーです。

プロからも将来性を高く評価されており、センバツでのピッチングに期待が集まっています。

福島蓮のプロフィール

名前:福島 蓮(ふくしま れん)
生年月日:2003年4月25日
出身:青森県八戸市
身長:189cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と姉
血液型:A型
経歴:八戸市立青潮小学校→八戸市立湊中学校→青森県立八戸西高校

福島蓮の小中学時代

福島蓮投手小学4年生から青潮ファイターズ野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

卒業後は地元の青森県立八戸西高校進学します。

福島蓮の高校時代

高校では1年春からベンチ入り。

1年夏の青森県大会では初戦八戸水産高校戦にリリーフで登板。

1イニング無失点3奪三振の好投で、7回コールドながら継投でのノーヒットノーランを達成しました。

チームは3回戦敗退。


翌2年夏青森県大会では初戦(2回戦)田名部戦で先発。

9回4安打12奪三振のピッチングで、6対0完封勝利を記録しています。

続く3回戦弘前実業戦では4回からリリーフで登板し、6イニング無失点に抑えましたが、試合は1対4敗戦。

2年秋の新チームからエースの座を獲得します。

2年秋青森県大会では全5試合先発。

30回1/3を投げ、13失点の粘投で、準優勝に貢献し、創部46年目で初となる東北大会進出を達成しました。

東北大会では初戦(2回戦)福島商業戦では、被安打6、失点3の成績で、 7回コールド10対3完投勝利!


続く準々決勝では花巻東1対2で惜しくも敗れたものの、8回を投げ、被安打4、失点2の好投を見せていました。

福島蓮のプレースタイル

福島蓮投手身長189cm体重70kg長身細身のピッチャーです。

身長はまだ伸び続けているということなので、190cmは超えてきそうですね。

現在は体重増に努めていて、授業中に団子を食べて、先生から怒られたりしたこともあったそうです。

学校生活でも大物ぶりを発揮している。62キロの体重を増やすために休み時間に補食を継続中。友人からもらった団子を授業中にもほおばり、担任教師からカミナリが落ちたこともある。やんちゃさに度が過ぎた時は、1番の“好物”の野球を取り上げられ、練習時間中に教室で勉強。「最近は練習がしたいので、先生に怒られないようにしています」。身長も含めて、まだまだ成長中だ。

日刊スポーツ

ストレートの最速143km/h。 

変化球縦のスライダー、カーブ、スプリットなど。
特に昨夏に習得したスプリットを効果的に使って、ピッチングの幅を広げています。

憧れの選手はロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。

福島蓮の進路

福島蓮投手はまだ高校卒業後の進路に関しては、明らかにされていません。

現在、八戸西野球部では同校OBとしては唯一のプロ野球選手である中村渉さん(元・日本ハム)がコーチをされています。

できれば、福島蓮投手には、中村渉さんに続いて2人目、高校から直接なら初のプロ野球選手を目指してほしいですね!

ちなみに八戸西出身としては駒澤大学の竹本祐瑛投手も来年以降のドラフト候補として注目されていますね。


竹本祐瑛投手についてはこちらを→竹本祐瑛(駒澤大→JR東日本東北)のフォームや球種や球速は?ドラフト指名の可能性は?

福島蓮投手の進路については、何か分かりましたら、追記させていただきますね。

福島蓮のスカウト評価

中日・八木スカウト
「こんな魅力のある素材は全国でもなかなかいない」

ロッテ・柳沼スカウト
「骨が固まれば、もっと強い球も投げられる。打ったり走ったりする能力も高い」

福島蓮のまとめ

福島蓮投手2年秋までの最速は143km/hでしたが、3年生の今年は150km/h前後まで上げてきそうです。

センバツではどんなピッチングを見せてくれるか、とても楽しみですね!

よろしければ、こちらもどうぞ↓
2021年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2021年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/野手(打者)編!日程も!