髙井俊(巨人)トルネードに注目!動画や成績や出身中学高校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年アジアウィンターリーグ決勝が、12月17 に行われ、KBO(韓国プロ野球)選抜を破り、NPBイースタン選抜優勝を飾りました。

巨人、ヤクルト、ロッテ、DeNA、楽天のメンバーからなるイースタン選抜ですが、その中で、面白そうな投手がいました。
それが巨人・髙井俊投手です。
元メジャーリーガー・野茂英雄さんを手本にしたという、トルネード投法で、大変なインパクトがありました。
2016年のドラフトで、育成1位指名を受けて入団した若手選手で、まずは支配下登録されなければいけませんが、早く1軍での登板が見たい投手です。

 

名前:髙井 俊(たかい すぐる)
生年月日:1995年8月22日
出身地:新潟県見附市
身長:180cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
年棒:300万円(2018年)
憧れの選手:野茂英雄
経歴:見附市立今町小学校→見附市立今町中学校→東北高校→悠久山栄養調理専門学校→新潟アルビレックスBC→読売ジャイアンツ

 

髙井投手は、小学2年生の時に野球を始めました。

中学まで地元で過ごし、高校は東北高校に進学します。
東北高校を選択した理由は、
「甲子園で活躍してプロ野球選手になるため」
東北高校と言えば、ダルビッシュ投手などプロ野球選手も輩出している強豪校です。
レベルも高いですが、そこで活躍することがプロへ近道だと考えたのでしょうね。

しかし、高校3年の夏はエースとしてチームを牽引したものの、県4回戦で敗退。
甲子園出場はなりませんでした。

 

〇調理専門学校へ
高校が終わり、甲子園出場が叶わず、プロになれるようなレベルにも達することができなかった髙井選手は、ここでプロ野球選手の夢を諦めたと言います。
いくつかの大学から誘われたそうですが、新潟に帰り、調理師免許を取るため、悠久山栄養調理専門学校に入学しました。
そして1年間通い、見事、調理師免許を取得しています。
ちなみに得意料理は、唯一先生に褒められたというチャーハンです。

スポンサードリンク

ただ、野球を完全にやめてしまったわけではなく、地元の軟式野球チームでプレーしていました。
そして、軟式野球チームでプレーしているうちに、高校野球をやっていたい時に感じていた、闘争心がよみがえってきたと言います。
そして、
「もう1回本気でやりたい」
という気持ちになり、独立BCリーグのトラアウトに挑戦。
新潟アルビレックスBCから指名を打受け入団しました。

 

〇トルネード投法
アルビBCに入団後、
「力強い直球にしたい」
と、野茂英雄さんの投球フォームを参考に研究を重ね、トルネード投法を取得しました。

1年目から中継ぎ、抑えとしてリーグ戦に出場し、19試合1勝1敗20.2回20奪三振を記録。
2年目7月には、東北楽天との交流戦で自己最速となる152km/hをマークしました。
スカウトから注目を浴びるも、制球力に課題があり、防御率も5点台でした。

それでも育成指名した、巨人編成部・三井参与は、
「これからの伸びしろを考えて指名した。近い将来、チームの中心的存在になってくれれば」
と話しています。

 

〇1年目の実績
巨人の育成選手は、主に3軍でのプレーとなります。
1年目の今シーズンは、3軍リリーフとして、51試合に登板しました。
成績は、65 2/3回防御率2.745勝3敗49奪三振35与四死球

また、みやざきフェニックス・リーグに2軍選手に交じって参加。
NPBイースタン選抜にも選ばれて、好投を披露しました。
ウィンターリーグでの成績は、4試合8.2回防1.04奪三振10
〇動画

 

まだまだコントロールにバラつきがあり、変化球にも課題があります。
しかし、来シーズン中には支配下登録を勝ち取ってもらいたいです。
そして1日でも早く1軍で、髙井投手のトルネードが見たいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ