野球

黒原拓未(関西学院大)は智辯和歌山出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?進路は?

黒原拓未 関西学院大 智辯和歌山

関西学院大学ドラフト候補黒原拓未投手。

身長173cmと小柄ながら最速150km/hストレートを投げる左ピッチャーです。

智辯和歌山時代には3年夏エースとして甲子園に出場。

関西学院大学進学後は、1年春からリーグ戦に登板し、プロ入りを目指しています。

黒原拓未のプロフィール

名前:黒原 拓未(くろはら たくみ)
生年月日:1999年11月29日
出身:和歌山県海南市
身長:173cm
体重:78kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:海南市立日方小学校→海南市立海南中学校→智辯和歌山高校→関西学院大学

黒原拓未の小中学時代

黒原拓未投手小学1年生から日方スポーツ少年団野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

卒業後は智辯和歌山高校に進学します。

黒原拓未の高校時代

高校では1年秋から控え投手としてベンチ入り。

1年秋の和歌山県大会初戦高野山高校4対5逆転サヨナラ負け。

2年夏和歌山県大会準々決勝で優勝した市立和歌山高校5対10敗退。

2年秋の新チームからは背番号1を付けてマウンドに上がります。

2年秋和歌山県大会では3位に入り、近畿大会出場。

近畿大会では初戦滋賀学園8回コールド6対13で敗れ、センバツ出場はなりませんでした。


3年夏和歌山県大会の前には原因不明ヒジ痛を発症。

そのため3試合11回のみ登板となりましたが、1学年下の平田龍輝投手(現・日本体育大学)の踏ん張りもあり、優勝を達成!

続く甲子園では2回戦大阪桐蔭戦先発。


黒原拓未投手5回1/3を投げ、1失点の好投を見せましたが、試合は1対2で敗れています。

黒原拓未の大学時代

関西学院大学進学後は、1年春からリーグ戦に出場します。
 
1年生ながら13試合中8試合に登板し、2勝3敗、防御率3.79の成績でした。

1年秋には自己最速を3km/h更新する150km/hをマーク。 


以後も主力として活躍を続けていて、
3年秋リーグ戦終了時点で、通算36試合に登板、8勝14敗、防御率3.37の成績を残しています。

黒原拓未のプレースタイル

黒原拓未投手最速150km/hを投げるサウスポーです。

時には帽子を落とすこともあるほど投げっぷりの良いピッチングが持ち味。


変化球スライダー、カットボール、カーブ、シュート、フォークなど。

大学3年の11月左肘遊離軟骨除去する手術を受けています。

黒原拓未の進路

黒原拓未投手
「大学としては全日本選手権、神宮大会に行き、最終的にはドラフトで声をかけてもらえるようにしたい」
と早くもプロ志望を表明しています。

黒原拓未のまとめ

黒原拓未投手ドラフト指名を受ければ、関西学院大学出身としては2018年阪神ドラフト1位・近本光司選手(大阪ガス)以来、大学から直行では2015年育成選手ドラフト3位の田村丈投手以来となります。

昨秋に受けた手術の影響が心配ですが、4年生の今年はこれまで以上の成績を残してプロ入りを果たしてほしいですね!

黒原拓未投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?