陸上

小林歩(駒澤大陸上部)の進路はNTT西日本?関西北陽時代の駅伝成績やシューズは?

小林歩 駒澤大 NTT西日本

駒澤大学陸上部小林歩選手。

大学では3年生から主力として活躍し、4年時全日本大学駅伝では日本一に貢献しています。

箱根駅伝では13年ぶりの優勝を目指す駒澤大学にとって、小林歩選手の走りが鍵になりそうです。

小林歩のプロフィール

名前:小林 歩(こばやし あゆむ)
生年月日:1998年8月15日
出身:大阪府東大阪市
身長:170cm
体重:55kg
家族:両親と兄
ベスト記録:5000m 13’43”77(大学4年時) 
経歴:東大阪市立玉川中学校→関西大学北陽高等学校→駒澤大学

小林歩の小中学時代

小林歩選手小学生の頃はバスケットボールをされていましたが、
走るトレーニングではいつも1位だったことから、中学入学後から陸上を始めました。

小林歩の高校時代

中学卒業後は、駅伝の強豪・関大北陽高校進学します。

全国高校駅伝には3年時に1度だけ出場。

※2年時にはチームは全国高校駅伝に出場していますが、小林歩選手は出場していませんでした。

3年時全国高校駅伝では3区を走り、区間16位で、チームは総合30位でした。

小林歩の大学時代

高校卒業後は駒澤大学進学します。

大学では3年生出雲駅伝大学三大駅伝(箱根駅伝、出雲駅伝、全日本大学駅伝)デビュー!

4区を走り、区間3位の好成績で、チームの総合2位に貢献しました。

3年時には全日本大学駅伝箱根駅伝にも出場。

全日本大学駅伝では2区を走り、区間5位で、チームは総合3位
箱根駅伝では7区を走り、区間5位で、チームは総合8位でした。

全日本大学駅伝では給水を取れない位置にいた他校の選手に、自分のボトルを分けてあげるスポーツマンシップを見せ、好感度を爆上げしていましたね。


4年時には新型コロナウイルスの影響で大会、記録会が軒並み中止になる中、
11月全日本大学駅伝では6年ぶりの優勝を達成!

この時は7区で出走し、区間4位の走りで、アンカーの田澤廉選手にタスキをつないでいました。

小林歩のシューズ

小林歩選手ナイキの厚底シューズである「ヴェイパーフライ NEXT%(Ekidenカラー)」を履かれています。

小林歩の進路

小林歩選手は大学卒業後はNTT西日本に入社し、競技を続けることが決まっています。

NTT西日本には関大北陽時代の同期である神奈川大学・北﨑拓矢選手も入社が内定していますので、再びチームメイトになりますね。

小林歩のまとめ

駒澤大学には2年生エースの田澤廉選手、主将の神戸駿介選手、今期絶好調の加藤淳選手らすばらしい選手がたくさんいますが、
箱根駅伝優勝するためには小林歩選手が走りが重要になってくる気がしますね。

小林歩選手は今回の箱根駅伝何区を走るのでしょうね。

昨年と同じ7区か?
本人が希望している9区か?
もしかしたら、華の2区を走る可能性も十分あると思いますね!

みなさんも箱根駅伝では、小林歩選手に注目してみてください。

神戸駿介選手についてはこちらを→神戸駿介(駒澤大陸上部主将)の進路は小森コーポレーション?出身中学や高校は?

加藤淳選手についてはこちらを→加藤淳(駒澤大)は西脇工業出身の陸上選手!進路や彼女は?駅伝でも注目!