野球

飯田琉斗(横浜商大)は向上出身で主将のドラフト候補!フォームや球速球種は?

飯田琉斗 横浜商大 向上

横浜商科大学ドラフト候補飯田琉斗投手。

最速154km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

向上高校時代から甲子園出場はないものの将来性を高く評価されていました。

大学進学後は大学日本代表候補に選ばれるなど活躍を続けています。

飯田琉斗のプロフィール

名前:飯田 琉斗(いいだ りゅうと)
生年月日:1999年6月24日
出身:神奈川県横浜市
身長:187cm
体重:93kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と弟
経歴:横浜市立六角橋中学校→向上高校→横浜商科大学

飯田琉斗の小中学時代

飯田琉斗投手小学2年生から軟式野球を始めました。

中学時代は横浜都筑ボーイズに所属。

ピッチャー兼外野手としてプレーしていました。

飯田琉斗の高校時代

中学卒業後は向上高校に進学。

向上高校神奈川県伊勢原市にある私立の学校です。

甲子園出場はありませんが、OBには鈴木翔天投手(現・東北楽天)ら複数のプロ野球選手がいます。

飯田琉斗投手は高校では1年夏から背番号19を付けてベンチ入り。


1年夏の神奈川県大会では初戦敗退、
2年夏の神奈川県大会ではベスト16入りを経験。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得します。

3年春にはイップスに近い状態になり、一時、控えに降格した時期もありましたが、夏前には復活!


3年夏の神奈川県大会では4試合中3試合に登板し、2年連続のベスト16入りを果たしました。

5回戦では強豪・東海大相模と対戦し、延長10回まで3安打11奪三振1失点の好投を見せましたが、
11回に森下翔太選手(現・中央大学)にサヨナラヒットを打たれ、1対2で敗れています。


それでも、神奈川では星槎国際の本田仁海投手(現・オリックス)に比肩する好投手として注目を集めていました。

飯田琉斗の大学時代

横浜商科大学では1年春からのリーグ戦に出場。

いきなり開幕戦先発を任されましたが、5回途中3失点で降板。
試合も1対5で敗れています。

結局、1年春リーグ戦では2試合に登板し、0勝2敗、防御率8.31の成績でした。

2年春には154km/hを記録!


リーグ戦終了後には神奈川大学野球連盟選抜の一員として、オランダで行われたワールドポート・トーナメントに出場。

この時は4試合リリーフで登板し、準優勝に貢献しました。

その後も中心選手として登板を重ね、3年秋までの5シーズン通算24試合に登板、7勝11敗、防御率4.76の成績を残しています。

飯田琉斗のプレースタイル

飯田琉斗投手身長186cm体重84kgの恵まれた体格を持つプロ注目のピッチャーです。

ストレートの最速154km/h。

この154km/hというのは2021年のドラフト候補の中で最速ですね。(2020年12月時点)

変化球スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップなど。

目標の投手はシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手。
「目標はダルビッシュ有投手(カブス)。カットボールはそのダルビッシュ投手の映像から、チェンジアップは、前田健太投手(ツインズ)をユーチューブで見て参考にしている」

コントールにはやや難あり。

飯田琉斗のスカウト評価

楽天・山田スカウト
「球に力強さがあり角度もある。春から楽しみにしていましたが、急激にここまで良くなるとは驚きました」

飯田琉斗のまとめ

飯田琉斗投手3年冬からは主将に就任、さらには大学日本代表候補合宿にも召集されています。
※大学日本代表候補合宿新型コロナウイルス影響中止。

大学4年生となる2021年は、大学でも日本代表でも結果を残して、
大学の先輩・岩貞祐太投手(現・阪神)のようにドラフト1位でプロ入りを果たしてほしいですね!