野球

櫻井頼之介(聖カタリナ)はドラフト候補のピッチャー!フォームや球速球種は?

櫻井頼之介 聖カタリナ

聖カタリナ学園ドラフト候補櫻井頼之介投手。

「櫻井頼之介」“さくらい よりのすけ”と読みます。

鬼滅の刃ファン私は初見で”嘴平伊之助(はしびらいのすけ)”に似ていると思ったけれども、冷静に考えるとそこまでは似てないと思い直しました。

・・・気を取り直して、
櫻井頼之介投手身長170cm体重58kgと非常に小柄ながらも最速145km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

2年秋にはエースとしてチームを四国大会準優勝に導き、初の甲子園出場を確実としています。

櫻井頼之介のプロフィール

名前:櫻井 頼之介(さくらい よりのすけ)
生年月日:2003年7月21日
出身:兵庫県尼崎市
身長:170cm
体重:58kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:尼崎市立難波小学校→尼崎市立中央中学校→聖カタリナ学園

櫻井頼之介の小中学時代

櫻井頼之介投手小学1年生から難波ホークスで野球を始めました。

当時はショートとしてプレーし、“野球センスはチーム1”と言われていました。

また、野球以外にも才能を発揮し、小学6年生の時には陸上大会の100メートル走に出場し、15秒11の好タイムを記録しています。


その他にも尼崎市小学生駅伝大会ではアンカーを任され、区間賞を獲得する走りで、チームを優勝に導くなど万能ぶりを発揮していました。

中学時代は尼崎ボーイズに所属。

中学でもショートとしてプレー。

中学ではスポーツ以外にも才能を発揮し、3年生の時には生徒会長を務めていました。

スポーツの才能だけではなく、人望もあるのでしょうね。

櫻井頼之介の高校時代

中学卒業後は、愛媛県にある聖カタリナ学園に進学します。

聖カタリナ学園は2016年度から共学になったのを機に野球部を設立した新しいチームです。

早稲田大学で主将を務めた越智良平監督を招へいするなど野球部の強化に力を入れています。

櫻井頼之介投手は高校では当初、サードとしてプレー。

その後、櫻井頼之介投手の体の柔らかさ、下半身の強さに才能を見出した越智監督によってピッチャー転向します。

2年秋の新チームからは背番号1を付けて登板。

秋の愛媛県大会では26回を投げて、わずか1失点防御率0.34の大活躍で、優勝を達成しました。

続く四国大会では全3試合に登板。

準決勝小松高校戦では延長12回を一人で投げ抜き、3対2でのサヨナラ勝利を呼び込みます。

翌日明徳義塾戦リリーフで登板したものの連投ととなった疲れから、3イニングを投げ、3失点と本来の力を発揮できずに敗れました。

それでも、チームを四国大会準優勝に導き、来春のセンバツ出場を確実としてます。


高校の同期のチームメイトには4番を打つプロ注目の強打者・川口翔大選手らがいます。

櫻井頼之介のプレースタイル

櫻井頼之介投手最速145km/hストレートを投げる本格派のピッチャーです。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク。

身長170cm体重58kgと小柄ながらも四国大会準決勝では延長12回、179球を一人で投げ抜くなどスタミナも豊富です。

櫻井頼之介のまとめ

櫻井頼之介投手はピッチャーに転向してまだ日が浅く、伸びしろを多く残しています。

最大、唯一の課題はやせ型なところです。

背が170cmほどでもプロで活躍しているピッチャーはいますが、体重58kgはさすがに細すぎますね。

春のセンバツは一回り大きくなって、パワーアップした櫻井頼之介投手を見てみたいですね!