野球

宮下朝陽(北海)は主将でドラフト候補のショート!出身中学や進路は?

宮下朝陽 北海

北海高校ドラフト候補宮下朝陽選手。

1年夏から4番を打つ強打のショートです。

2年秋から主将に就任すると、チームを10年ぶりの優勝に導き、来春のセンバツ出場確実としています。

宮下朝陽のプロフィール

名前:宮下 朝陽(みやした あさひ)
生年月日:2004年1月26日

出身:北海道黒松内町
身長:182cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート
経歴:黒松内町立黒松内小学校→黒松内町立黒松内中学校→北海高校

宮下朝陽の小中学時代

宮下朝陽選手は、幼稚園の頃から極真空手をやっていて道大会に出場するほどの実力を持っていました。

しかし、札幌ドームで日本ハムの試合を見たことがきっかけで、小学2年生から黒松内スターズ軟式野球を始めます。

野球でも早くから才能を発揮し、小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、日本ハムジュニア入りを果たしました。

日本ハムジュニアでは松浦慶斗投手(現・大阪桐蔭)、秋山俊選手(現・仙台育英)らとともにNPB12球団ジュニアトーナメントに出場しています。

松浦慶斗投手についてはこちらを→松浦慶斗(大阪桐蔭)は父やいとこもすごいドラフト候補!出身中学や進路は?球速球種は?

秋山俊選手についてはこちらを→秋山俊(仙台育英野球部)は北海道出身のドラフト候補!出身中学や進路は?身長体重は?


中学時代は余市シニアでプレー。

下級生時代から試合に出場し、全国大会3年連続で経験しました。

宮下朝陽の高校時代

中学卒業後は北海高校に進学します。

高校では1年生からサードレギュラーを獲得。

1年夏の南北海道大会では4番を打ち、ベスト8入りに貢献しました。


1年秋からは本職のショートを守ります。

2年夏南北海道大会では8打数5安打3打点、打率.625の成績で2年連続のベスト8入り。

2年秋の新チームからは主将を務めます。

秋の札幌ブロック予選では4試合3本のホームランをマーク!

続く北海道大会でも19打数9安打5打点、打率.474の大活躍で、10年ぶり12度目の優勝を達成しました。

高校の同期のチームメイトにはプロ注目のエース・木村大成投手らがいます。

木村大成投手についてはこちらを→木村大成(北海)は北広島出身のドラフト候補ピッチャー!フォームや球速球種は?

宮下朝陽のプレースタイル

宮下朝陽選手身長182cm体重79kgの均整の取れた体格を持つプロ注目のショートです。

勝負強いバッティングが持ち味で、1年生から4番を任されています。

2年秋終了時点高校通算12本塁打。

ショートの守備軽快で、スローイングにも安定感があります。

好きな選手はソフトバンクの今宮健太選手。

宮下朝陽の進路

宮下朝陽選手の高校卒業後の進路は不明です。

分かり次第、追記いたしますね。

宮下朝陽のまとめ

宮下朝陽選手北海高校攻守の要です。

センバツでは宮下朝陽選手の活躍が、上位進出の鍵を握ることになると思います。

2016年夏甲子園準優勝に迫る成績を残してほしいですね!

よろしければこちらもどうぞ↓
2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/打者(野手)編!日程も!