21世紀枠有力候補校2018!発表はいつ?予想や選考理由まとめ!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

第90回記念選抜高等学校野球大会の各地区の21世紀枠候補が発表されました。
今回選ばれた9校は全て公立の学校です。
この中から3校が選ばれます。
一般枠予想と注目選手についてはこちらをどうぞ↓
選抜高校野球2018!出場校や21世紀枠は?抽選会や大会日程も!
選抜高校野球2018!注目選手!投手や野手は?

 

●推薦基準
(1)秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟校が129校以上の都道府県はベスト32以上)が対象。
(2)以下の推薦例のいずれかに当てはまる学校。
▽少数部員、施設面のハンディ、自然災害など困難な環境の克服
▽学業と部活動の両立
▽近年の試合成績が良好ながら、強豪校に惜敗するなどして甲子園出場機会に恵まれていない
▽創意工夫した練習で成果を上げている
▽校内、地域での活動が他の生徒や他校、地域に好影響を与えている。

 

●選考方法
・東日本(北海道、東北、関東・東京、東海、北信越の各地区):1校
・西日本(近畿、中国、四国、九州の各地区):1校
・地域を限定せず:1校

 

●各地区の21世紀枠候補
[北海道]
函館工業(北海道)
北海道大会ベスト8
明治創立の道内最古の工業高校。
過去甲子園は夏4度、春1度の5度の出場あり。
グラウンドは各部と共用のため、平日放課後は内野のみの練習。
また、工業高校らしい手作りの道具や工夫を凝らした練習などでハンディを克服してきた。

 

[東北]
◎由利工業(秋田)
秋田県大会3位東北大会ベスト8
最速142km/hのエース・佐藤亜蓮投手を中心に東北大会ベスト8まで進出。
「地域に愛される学校」を目指す中で、野球部員が率先して地域住民へのあいさつ活動を行っていることが評価されています。

 

[関東・東京]
・藤岡中央(群馬)
群馬県大会ベスト4
エース・門馬亮投手の活躍で、3季連続で甲子園に出場中の前橋育英に延長14回の末、2-1で勝利し、創部以来初のベスト4入りを果たしています。
また、文武両道を掲げ学習にも力を入れていることなど評価されています。
県大会ベスト4止まりで、関東大会に出場できていないのが若干不利な要素。

 

[東海]
・大垣西(岐阜)
県大会準優勝東海大会ベスト8
東海大会初戦で強豪の中京大中京(愛知)を破り8強
タイプの異なる3投手の継投を確率し11年ぶりの秋季東海大会に出場するなど成果を上げた。
ボランティア清掃活動などで地域に貢献が評価されています。
近いうちに自力で甲子園に出場できそう。

スポンサードリンク

[北信越]
・金津(福井)
福井県大会初優勝北信越大会初戦敗退
春夏甲子園出場なし。
今秋県大会で激闘を勝ち抜き初優勝
地元の祭り「金津祭」後の清掃、学校周辺の雪かき、少年野球チームとの交流など、地域活動に積極的に参加していることなどが評価されています。

 

[近畿]
・膳所(滋賀)
滋賀県大会ベスト8
県大会では準々決勝で優勝した近江に敗れたが1-3と善戦
県屈指の進学校学業と部活動の両立が評価されています。
ただ、県大会ベスト8止まりなのが不利。
また、滋賀県からは一般枠で近江と彦根東の2校選出が濃厚なのもマイナス要素。

 

[中国]
・下関西(山口)
山口県大会3位中国大会初戦敗退
創立100年近い歴史のある伝統校。
県下でもトップクラスの進学校でもあり、限られた練習時間や施設という環境の中で好成績を挙げたことが評価されています。

 

[四国]
・高知追手前(高知)
高知県大会3位四国大会初戦敗退
グラウンドを複数の部で共有という環境下で、4年ぶり2回目の四国大会出場
四国大会では1回戦で敗れたものの大手前高松(香川2位)に延長14回で2-3と善戦
ただ、四国は、明徳義塾が明治神宮大会で優勝して、明治神宮枠が一つ増えているので、これ以上四国のチームを増やす可能性は低いので不利。

 

[九州]
・伊万里(佐賀)
佐賀県大会準優勝九州大会初戦敗退
県大会では、エース・山口修司投手を中心に接戦を勝ち上がり、135年ぶりの決勝進出
ボランティアなど地域活動への参加が評価されています。

 

●予想
東日本からは、由利工業(秋田)金津(福井)大垣西(岐阜)が有力。
震災以降、東北の高校が選ばれることが多いので、由利工業(秋田)が本命

西日本からは、東日本ほど21世紀枠として、インパクトのある高校がない印象です。
消去法で下関西(山口)伊万里(佐賀)が有力。
山口県からは、一般枠で下関国際が出場濃厚なので、バランス的に伊万里(佐賀)が選ばれそう。

残りの1校は、東日本で選ばれなかった高校の中から金津(福井)大垣西(岐阜)のどちらかが選ばれそう。
おそらく地域の過疎化の影響のなかで、部員減少に悩まされながらも福井県で初優勝した金津(福井)が有力。

 

正直、21世紀枠は予想が難しいですね。
21世紀枠の出場校3校は、一般選考の33校とともに、来年1月26日の選考委員会で決定します。
どこの高校が選ばれても、悔いのない試合をしてほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ