野球

井上彰吾(Honda)が橋戸賞を受賞!筑陽学園や日本大学時代の成績は?

井上彰吾 Honda 長野久義

Honda野球部井上彰吾選手。

勝負強いバッティングが武器の外野手です。

2020年都市対抗野球大会では決勝ホームランを放つなど大活躍で、日本一を達成!

個人でも大会MVPに当たる橋戸賞を受賞しました。

井上彰吾のプロフィール

名前:井上 彰吾(いのうえ しょうご)
生年月日:1990年12月31日
出身:福岡県大野城市
身長:181cm
体重:81kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:大野城市立平野中学校→筑陽学園→日本大学→Honda

井上彰吾と長野久義との関係

井上彰吾選手高校以降の経歴(筑陽学園→日本大学→Honda)は、全て広島・長野久義選手と同じです。

これは偶然ではなく、井上彰吾選手が長野選手に憧れて、後を追いかけているからです。

「勝手にあこがれて、大学、社会人と後を追っています。尊敬する長野さんみたいな選手になりたい」

スポーツ報知

Honda入社後は、長野選手の社会人時代と同じ背番号10を付けてプレーされています。

井上彰吾の中学時代

中学時代、井上彰吾選手筑紫エンデバーズでプレー。

卒業後は筑陽学園に進学します。

井上彰吾の高校時代

高校では2年春ライトのレギュラーとして九州大会ベスト4まで進出したのが最高成績です。

3年夏福岡県大会沖学園2対4で敗れ、5回戦敗退。

高校3年間で甲子園出場はありませんでした。

それでも筑陽学園の江口祐司監督からは「OB・長野久義以上の素材」と高く評価されていました。

井上彰吾の大学時代

日本大学では1年春からライトレギュラーを獲得。

1年秋のリーグ戦では45打数18安打8打点、1本塁打の活躍で、首位打者を受賞しました。

その後も、主力として活躍を続け、
大学4年間通算100試合に出場し、383打数108安打45打点、打率.282、本塁打6、14盗塁の好成績を残しています。

井上彰吾の社会人時代

Hondaでは1年目から公式戦に出場。

社会人8年目2020年シーズンまでで社会人野球日本選手権6回、都市対抗野球大会7回出場しています。

2020年都市対抗野球大会では21打数7安打10打点、1本塁打の大活躍で、チームを長野久義選手がいた2009年以来日本一に導き、個人でもMVPに当たる橋戸賞を受賞しました。

井上彰吾のプレースタイル

井上彰吾選手はとても身体能力の高い外野手です。

勝負強さに加え、一発長打を秘めたバッティングが持ち味。

遠投120メートル。

50メートル走5秒9。

井上彰吾のまとめ

井上彰吾選手2020年都市対抗野球大会での活躍は本当に素晴らしかったですね。

今年の大晦日で30歳ベテランと呼ばれる歳になりますが、
広島の長野選手のようにまだまだまだ第一線で活躍して、これからも社会人野球界を盛り上げていったほしいですね!