野球

鈴木大貴(TDK野球部)は流通経済大出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?

鈴木大貴 TDK 野球

TDK野球部ドラフト候補鈴木大貴投手

ワインドアップからトルネード気味に投じる個性的なフォームのピッチャーです。

投球時の映像はいつもは後半に持ってきていますが、今回は最初に


振りかぶった時に両手を頭の後ろで二回上下にするしぐさも個人的には好きですね。

少し変なフォームに見えるかもしれませんが、最速154km/hストレートは威力抜群!

初めて出場した2020年の都市対抗野球大会では6イニングホームランだけの2失点に抑える好投を見せ、注目を集めました。

鈴木大貴のプロフィール

名前:鈴木 大貴(すずき ひろき)
生年月日:1997年8月27日
出身:福島県福島市
身長:182cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:福島市立清水中学校→福島東高校→流通経済大学→TDK

鈴木大貴の中学時代

中学時代、鈴木大貴投手福島のだまクラブ軟式野球をされていました。

全国大会などへの出場はなく、卒業後は福島東高校に進学します。

鈴木大貴投手にはお兄さんが2人いて、2人とも福島東高校野球部OBです。

おそらく、そんな縁で福島東高校を選んだのではないでしょうか。

鈴木大貴の高校時代

鈴木大貴投手1年秋から控え投手としてベンチ入り。

2年秋からエースの座を獲得。

2年秋の福島県大会では全3試合完投して、ベスト8まで進出しました。

3年夏の福島県大会では4試合中3試合先発して、ベスト16敗退。

高校時代の鈴木大貴投手サイドスローで、特に注目されるような存在ではありませんでした。

鈴木大貴の大学時代

高校卒業後は流通経済大学に進学。

大学で現在のスリークォーターフォームを変えます。


鈴木大貴投手本人が
「(福島東)は進学校だったので練習量が多くなかったが、大学で野球を打ち込める環境になった。やればやるほどのび太」

と言っているように、高校時代は最速130km/h台前半だった球速を大学では149km/hまでアップさせました。

リーグ戦には2年秋から出場し、リリーフ専門として活躍!

4年間通算27試合に登板し、合計49回を投げ、4勝2敗、40奪三振、防御率2.02の成績を残しています。

鈴木大貴の社会人時代

TDKでは1年目から公式戦に出場。

社会人公式戦デビューとなった10月都市対抗2次予選・日製石巻戦では、先発として7回2/32安打無失点に抑える好投を見せ、優勝に貢献しました。


都市対抗本戦でも初戦日本新薬戦先発。

試合は1対2で敗れたものの、自己最速の154km/hを記録。

6イニングホームランだけの2失点に抑え、注目を集めました。

鈴木大貴のプレースタイル

鈴木大貴投手最速154km/hストレートを投げるプロ注目のピッチャーです。

変化球縦のスライダー、カットボール、チェンジアップ。

自信のある真っすぐにスライダーを交えて、打者を押し切っていくピッチングが持ち味。

鈴木大貴のまとめ

鈴木大貴投手大卒社会人1年目ながらまだまだ伸びしろの多いピッチャーです。

ドラフト解禁となる2021年は更なる成長を見せて、チームメイトの小木田敦也投手ともに指名を勝ち取ってほしいですね!

小木田敦也投手についてはこちらを→小木田敦也(TDK)は角館出身のドラフト候補!フォームや球種球速は?