野球

小向直樹(共栄大)はアーム式フォームのドラフト候補!球速球種や桶川高校時代は?

小向直樹 共栄大 アーム

共栄大学ドラフト候補小向直樹投手。

最速151km/hストレートを投げる長身細身のピッチャーです。

高校時代はほとんど無名も、大学進学後に急成長を見せ、プロ注目の選手にまでに成長を遂げています。

小向直樹のプロフィール

名前:小向 直樹(こむかい なおき)
出身:埼玉県伊奈町
身長:185cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:伊奈町立南中学校→埼玉県立桶川高校→共栄大学

小向直樹の高校時代

小向直樹投手は高校では下級生時代からベンチ入り。

2年春には138km/hを記録。

春季埼玉県大会では3回戦の強豪・浦和学院との試合で先発し、5回を1失点に抑えて、ちょっぴり注目されました。

2年夏埼玉県大会4回戦敗退。


3年夏の埼玉県大会には背番号1を付けて出場。

全2試合リリーフで登板し、合計6イニングを投げ、5安打3失点で、2回戦敗退に終わっています。

小向直樹の大学時代

高校卒業後は共栄大学に進学。

大学では2年春からベンチ入り。

リリーフとして経験を積んだ後、2年秋の途中から先発に転向します。


3年春のリーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中止。

3年秋からエースの座を獲得すると、4勝2敗、防御率2.91の好成績で最多勝を受賞します。

続く横浜市長杯では初戦・白鴎大戦8回無失点10奪三振の好投。


準々決勝・日体大戦では、リリーフで登板し、2回1/3を無安打無失点4者連続含む5個三振を奪っています。

準決勝・桐蔭横浜大戦では先発しましたが、3連投となった疲れから、さすがに本来の調子からは程遠く、5回途中4失点で敗れてしまいました。

それでも、横浜市長杯の活躍で、スカウトからの評価を急上昇させています。

小向直樹のプレースタイル

小向直樹投手オーバースロー本格派のピッチャーです。

テイクバックの大きなフォームから最速151km/hのストレートを投げ込みます。

小向直樹投手のフォームはいわゆる“アーム式”と呼ばれる投げ方です。

ちょっとまでは“アーム式”のフォームは怪我がしやすいので良くないと言われていましたが、
同じアーム式フォームのオリックスの山本由伸投手や巨人の戸郷翔征投手の活躍により、最近は見直されてきています。

むしろ、胸の大きな筋肉を効率的に使うことができるので、怪我がしにくいという意見もあります

↓こちらの動画が参考になるでしょうか

もっといい動画があった気がするけれども、見つけられませんでした。

変化球スライダー、ツーシーム、チェンジアップ、スプリット。

小向直樹のスカウト評価

巨人・野間口スカウト
「今大会を通じて成長している。投げっぷりも良いし、負けん気の強さも見える」

阪神・吉野スカウト
「伸びしろを感じる」

中日・正津スカウト
「直球も変化球も同じように腕が振れる」

中日・八木智哉スカウト
「投球スタイルを確立できている。上から叩けていて、真っすぐはもちろんいいが、変化球も途中まで直球と同じ軌道で来て打者の手元で落ちている。日本人というより、海外の選手にタイプとしては近い。枠にはまらない、本当に面白い投手。1年あるので、まだまだ伸びると思います」

小向直樹のまとめ

小向直樹投手大学卒業後進路に関して
「目標はプロ。まだ体の線が細いので、体作りからしっかりとやっていきたい」
と話されています。

小向直樹投手はまだまだ伸びしろの多いピッチャーです。

このまま成長を続ければ、プロ入りの可能性はかなり高いと思いますね!