野球

小木田敦也(TDK)は角館出身のドラフト候補!フォームや球種球速は?

小木田敦也 TDK 角館

TDKドラフト候補小木田敦也投手。

身長173cmと小柄ながら、最速153km/hのストレートを投げるプロ注目のピッチャーです。

角館高校時代二刀流で活躍し、1年夏にはサードのレギュラーとして甲子園初出場を果たしています。

TDKに入社後は1年目から登板を重ね、4年目の秋にはMVPを獲得する活躍で、7年ぶり15回目の都市対抗出場に貢献しました。

小木田敦也のプロフィール

名前:小木田 敦也(こぎた あつや)
生年月日:1998年10月10日
出身:秋田県仙北市
身長:173cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:仙北市立角館小学校→仙北市立角館中学校→秋田県立角館高等学校→TDK

小木田敦也の小中学時代

小木田敦也投手小学3年生から軟式野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

卒業後は地元の角館高校に進学します。

小木田敦也の高校時代

高校では1年春からベンチ入り。

1年夏の秋田県大会ではサードのレギュラーとして全5試合に出場。

19打数7安打3打点、打率.369の活躍で、春夏通じて初の甲子園出場に貢献しました。


続く甲子園では初戦鳥取代表八頭高校と対戦。

6番・サードでスタメン出場した小木田敦也投手でしたが、4打数0安打に抑えられ、チームも1対6で敗れています。

1年秋の新チームからはピッチャー兼サードとしてプレー。

2年夏の秋田県大会2回戦敗退で終え、秋からはエースを務めます。

3年夏の秋田県大会では4番・ピッチャーで出場。

全6試合に先発し準々決勝能代松陽戦では1四球ノーヒットノーランを達成するなど、合計50イニングを投げ、12失点、46奪三振の活躍で準優勝を果たしました。

決勝の相手は藤井黎來投手(現・広島)のいた大曲工業で、7対8逆転負けを喫しています。


高校の同期のチームメイトには、高校時代は内野手としてプレーしていた赤上優人投手(2020年西武育成ドラフト1位)らがいました。

赤上優人投手についてはこちらを→赤上優人(東北公益文科大)の角館時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

小木田敦也の社会人時代

TDKでは高卒1年目から公式戦に出場。

2年目には七十七銀行補強選手として都市対抗野球大会に初出場。

初戦神戸高砂戦で8回からリリーフでマウンドに上がり、1回1安打無失点1奪三振に抑えています。


その後は右肩の違和感に悩まされ、ドラフト指名解禁となる高卒社会人3年目での指名はありませんでした。

復活を期した社会4年目新型コロナウイルスの影響で、活動自粛を経験。

それでも都市対抗2次予選ではMVPに輝く活躍で、チームを7年ぶり15度目出場に導きました。


続く都市対抗本戦では初戦日本新薬戦リリーフとして2回無安打無失点2奪三振の好投を見せましたが、チームは1対2で惜しくも敗れています。

小木田敦也のプレースタイル

小木田敦也投手は高校時代から注目されいてた本格派のピッチャーです。

ノーワインドアップから最速153km/hストレートを投げ込みます。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームなど。

小木田敦也のまとめ

小木田敦也投手社会人4年目2020年指名漏れに終わっています。

事前には“ドラフト上位候補”なんてニュースも出ていただけに、指名漏れは意外でした。

それでも、小木田敦也投手はまだ22歳と若いので、来年以降もチャンスはあります。

将来は高校時代のチームメイトの赤上投手とともにプロの一軍で活躍する姿を見てみたいですね!