野球

三浦瑞樹(東北福祉大)はイケメンドラフト候補!兄や盛岡大附時代は?球速球種は?

三浦瑞樹 東北福祉大

東北福祉大学ドラフト候補・三浦瑞樹投手。

最速147km/hのストレートを投げるプロ注目の左ピッチャーです。

盛岡大附属時代には3度甲子園出場。

3年時には春夏連続でベスト8入りを果たしています。

東北福祉大学に進学後も、1年生から主力としてプレー!

大学日本代表候補に選ばれるなど活躍を続けています。

三浦瑞樹のプロフィール

名前:三浦 瑞樹(みうら みずき)
生年月日:1999年9月2日
出身:神奈川県大和市
身長:175cm
体重:71kg
投打:左投げ両打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と兄2人
経歴:大和市立柳橋小学校→大和市立引地台中学校→盛岡大附属高校→東北福祉大学

三浦瑞樹の兄

三浦瑞樹投手の4歳上の兄・三浦智聡選手も野球をされていて、ドラフト候補に名前が挙げられるほどの実力を持っています。

ポジションは内野手です。

盛岡大附時代には主将を務め、甲子園に出場。

富士大学時代には2度の打点王を獲得している他、
大学4年時に出場した全日本大学野球選手権大会では、東京ドームのレフトスタンドにホームランを放っていました。

現在は社会人野球の西濃運輸でプレーされています。


お兄さんの方は年齢的にやや厳しくなってきていますが、兄弟そろってのプロ入りもあるかもしれませんね!

三浦瑞樹の小中学時代

三浦瑞樹投手小学2年生から軟式野球を始めました。

中学時代は瀬谷ボーイズピッチャー

卒業後はチームメイトの平松竜也投手(現・八戸学院大学)とともに岩手県にある盛岡大附属高校へ進学します。

三浦瑞樹の高校時代

高校では1年秋からベンチ入り。

2年夏の岩手県大会では背番号11ながら、チーム最多の5試合に登板。

22回2/3を投げ、22奪三振、3失点の活躍で、優勝に貢献しました。


続く甲子園では全3試合リリーフで登板。

3回戦では河野竜生投手(現・日本ハム)のいた鳴門高校と対戦し、9対11で敗れています。

甲子園には3年春、3年夏にも出場。

3年春のセンバツでは全3試合先発し、ベスト8入り。

3年夏の選手権大会では全4試合中3試合に登板(先発2、リリーフ1)し、2季連続のベスト8入りを果たしています。


高校の同期のチームメイトには平松竜也投手、比嘉賢伸選手(2017巨人育成ドラフト1位、2020オフ戦力外)、植田拓選手(現・オセアン滋賀ブラックス)らがいました。

植田拓選手についてはこちらを→植田拓(愛媛→滋賀)は盛岡大附ではドラフト候補!現在は故障で退部引退?結婚や子供は?

三浦瑞樹の大学時代

東北福祉大学に進学後は、1年春からベンチ入り。

リーグ優勝をして臨んだ1年春全日本大学野球選手権大会では、全4試合中3試合リリーフで登板。

いずれも無四球無失点に抑え、14年ぶりの日本一に貢献しました。

この活躍が認められ、1年生の6月には大学日本代表選考合宿に招集されています。


その後も、先発リリーフにフル回転!

3年秋のリーグ戦終了時点で、通算22試合に登板、8勝0敗、防御率1.41という素晴らしい成績を残しています。

大学の同期のチームメイトには椋木蓮投手、綱脇慧投手、佐川光明投手らがいます。

椋木蓮投手についてはこちらを→椋木蓮(東北福祉大)は高川学園出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?怪我は?

甲子園優勝投手の綱脇慧投手についてはこちらを→綱脇慧(東北福祉大学)は花咲徳栄出身のドラフト候補!父や中学時代は?球速球種は?

三浦瑞樹のプレースタイル

三浦瑞樹投手は強気なピッチングが持ち味のサウスポーです。

高校時代は141km/hだったストレートの最速を大学に入ってから147km/hまでアップさせています。

変化球スライダー、チェンジアップ、カーブなど。

三浦瑞樹はイケメン

三浦瑞樹投手甲子園に出場した時には、そのピッチングだけではなく、そのイケメンぶりでも注目を集めていました。


女優の水野真紀さんは自身のブログで「ワタクシ、見付けてしまいましたの。イケメン高校球児」とつづり、盛岡大附三浦瑞樹投手の名前を挙げていました。

野球好きの息子から「観すぎ」と言われるほどテレビに釘付けだったようだが、その中で「ワタクシ、見付けてしまいましたの。イケメン高校球児」とイチオシ球児を発見。「岩手は盛岡大付属の左腕、三浦瑞樹投手でございます」とつづった。
「ピッチャーだから映し出される数が多いのは確かなのですが、投球前のアップがとにかく多く、ま、ワタクシ的には大歓迎でしたけど、ま、顔で投げてるわけじゃないですけど、NHKさん、good job ありがとうございました」と堪能した様子。

デイリー

三浦瑞樹のまとめ

現時点では三浦瑞樹投手がプロ志望なのかは、わかっていません。

しかし、人気・実力とも申し分ないピッチャーですので、ぜひプロ入りを目指してほしいですね!