細川拓哉(明秀日立)兄は細川成也!ドラフトは?身長や中学や球速球種も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

追記:プロ志望届が提出されました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

秋の関東大会で準優勝を達成し、初めての甲子園出場を確実にしている茨城県の明秀学園日立
明秀学園日立のエースは、プロ注目の細川拓哉投手です。

最速144km/hのストレートスライダーが武器のピッチャーで、中学時代までは内野手だったこともあり、打順も5番を任されているバッテイングもいい投手です。
また、2つ上のお兄さんがDeNAの細川成也選手ということでも話題になっていますね。
細川成也選手については、詳しくはこちらを→細川成也(DeNA)の中学高校は?

 

名前:細川拓哉(ほそかわ たくや)
出身:茨城県北茨城市
身長:175cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
経歴:北茨城市立中郷中学校→明秀日立高校

 

細川投手は、小学1年生から「北茨城リトル」で野球を始めました。
中学では「いわきシニア」に所属し、主に内野手としてプレー。

また中学時代には、足腰を鍛えるため、野球と並行して陸上部に所属していました。
中学3年生の時には、400メートル走茨城県1位になり、全国大会にも出場しています。
お兄さんの成也選手も中学時代には、「ジャベリックスロー(小中学生向けのやり投げ種目)」で、ジュニアオリンピックへ出場し、77.42mという中学生記録を達成していました。
細川兄弟は、野球だけでなく、陸上競技を続けていても一流になっていたかもしれませんね。

中学卒業後は、兄のいる同じ明秀日立高校に進学。
高校入学から投手転向します。

1年夏の茨城県大会はベンチ外で過ごし、2年夏の茨城県大会は、リリーフで1試合に登板しただけで終わっています。
2年秋の新チームからエースの座を掴むと、打順も5番を任され、投打においてチームの中心選手になりました。

スポンサードリンク

2年生秋の茨城県大会、関東大会では全9試合に登板し、県大会優勝関東大会準優勝に貢献。
2018年春のセンバツ出場を確実なものとしています。

高校のチームメイトには、細川投手と同じくプロ注目選手の増田陸選手がいます。
増田選手についてはこちらを→増田陸(明秀日立)ドラフト候補の出身中学や成績は?

 

○ストレートとスライダーが武器
細川投手のストレートの球速は、高校入学当初は130km/h台でしたが、走り込みを中心とした人一倍厳しいトレーニングをし、現在は144km/hまでアップしています。
明秀学園日立の金沢成奉監督は、高校時代は投手だった兄・細川成也選手と比較して、
「しなやかさは兄貴より上。胸郭、肩周りが柔らかくて可動域が広く、体の強さもある」
「ひと冬越えて成長すれば、150km/hもいくと思う」
と細川投手を高く評価しています。

そして、細川投手がストレートより、さらに自信を持つのがスライダーです。
9月に握りを浅く改良し、スピードが増したことが、関東大会の準優勝にもつながりました。

 

○ドラフト評価
阪神・平塚スカウト
「馬力があって先発、抑えどこでも任せられそう」
巨人・岡崎郁スカウト部長
「投げるほうも打つほうも馬力がありますね。体の強さを感じます。ピッチャーとしての力もありますが、あの力強いスイングを見ていると、バッターとしても高い魅力を感じる選手です。春の関東大会でも、豪快なホームランを打っていました」

 

○まとめ
細川拓哉投手は、プロ野球選手のお兄さんと比較されることも多かったそうです。
周囲に「成也の弟」と言われるたび、
「俺は俺。細川拓哉として認められてやる」
と悔しい思いをバネにしてきました。
すでに、お兄さんが成しえなかった甲子園出場を果たしています。
春のセンバツでの活躍とともに、高校最後の1年でどこまで成長出来るのかにも注目です。

将来は、兄弟でプロ野球選手になったら素敵ですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ