野球

毛利海大(福岡大大濠)はドラフト候補のピッチャー!父や進路は?フォームや球速球種は?

福岡大大濠 毛利海大

福岡大大濠ドラフト候補毛利海大投手。

名前の「毛利海大」“もうり かいと”と読みます。

小学校時代はホークスジュニア、中学時代はボーイズの日本代表を経験している左ピッチャーです。

福岡大大濠進学後は、2年秋から1学年上の山下舜平大投手(オリックスドラフト1位)から背番号1を受け継ぐと、
チームを九州大会ベスト4まで進出(11/4現在)させ、来春のセンバツ出場をほぼ確実なもとしています。

毛利海大のプロフィール

名前:毛利 海大(もうり かいと)
生年月日:2003年9月14日
出身:福岡県田川市
身長:178cm
体重:75kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:田川市立伊田小学校→田川市立伊田中学校→福岡大大濠

毛利海大の父

左投げ毛利海大投手ですが、実は投げること以外はすべて右利きです。

これには広島の名門・如水館で野球をされていた父・貴博さんの影響があります。

貴博さんの中学時代のチームメイトには元・プロ野球選手の佐竹健太投手(現・広島の打撃投手)がいました。

左投手だった佐竹投手を間近で見ていた貴博さんは
「左は格好いい」
と、毛利海大投手が生まれると、物心がつく前から左で投げることを教え込んだそうです。

野球だけが左利きの変わり種だ。如水館(広島)OBの父・貴博さんが中学時代に左腕・佐竹健太(元広島、楽天)とチームメートだったことがきっかけ。「左は格好いい、というのがあった」と貴博さん。幼稚園の頃から左用のグラブを使って練習を重ねてきた。

スポニチ

毛利海大の小学生時代

毛利海大投手小学2年生から伊田レッドスター軟式野球を始めました。

4年生からピッチャー。

小学6年生の時にはホークスジュニアに選ばれ、NPB12球団ジュニアトーナメントに出場。

NPB12球団ジュニアトーナメントでは、関戸康介投手(現・大阪桐蔭)、松永知大選手(現・創成館)らとともに準優勝に貢献しました。

松永知大選手についてはこちらを→松永知大(創成館)は2021ドラフト注目外野手!身長体重は?進路や名前の読みは?

毛利海大の中学時代

中学時代、毛利海大投手鷹羽ボーイズでプレー。

2年秋からエースとして活躍します。


2年生3月西日本大会では優勝!

翌4月の九州大会でも沖縄のチームを相手に完封勝ちを収めています。

これらの活躍が認められ、中学3年の夏にはボーイズの日本代表に選出!

オーストラリアで行われた世界少年野球大会に出場し、準優勝に貢献しました。

中学卒業後は、当時のエースだった三浦銀二投手(現・法政大)が甲子園で投げる姿を見て、憧れを持ち、福岡大大濠へ進学します。

毛利海大の高校時代

高校では1年夏からベンチ入り。

1年夏の福岡県大会ではベスト8
2年夏の福岡県独自大会準優勝を経験します。

2年秋からエースの座を獲得すると、
2年秋福岡県大会優勝
九州大会ベスト4まで進出(11/4現在)し、来春のセンバツ出場をほぼ確実としています。

毛利海大のプレースタイル

毛利海大投手最速140km/hのストレートを投げるサウスポーです。

変化球スライダー、カーブ、ツーシームなど。

特にストレート鋭く落ちるツーシームのコンビネーションは三振を奪うための大きな武器となっています。

憧れの投手はソフトバンクの和田毅投手。
「一番自信がある直球が良かった。山下(舜平大)さんみたいなボールは投げられないけど、自分はホークスの和田さんのような切れで勝負したい」
と語っています。

毛利海大のスカウト評価

中日の三瀬スカウト
「左腕は魅力だし、スピードが上がっていけば、来年がとても楽しみ。リリースが前まで引っ張ってこれるので、打者には速く見えると思う」

毛利海大の進路

毛利海大投手はまだ2年生のため進路は不明です。

現時点では、先輩の山下投手のように高卒即プロというよりは、大学か社会人を経由してプロ入りしそうなタイプだと思われます。

憧れの三浦投手(法政大)、和田投手(早稲田大卒)のように東京六大学に進みそうな気がしますね。

毛利海大のまとめ

毛利海大投手成長途中のピッチャーで、ストレートはまだまだ速くなっていきそうです。

一冬越ええて、来年のセンバツではどんなピッチングを見せてくれるのか、とても楽しみですね!