野球

鈴木芽吹(駒澤大)は佐久長聖出身の陸上選手!名前の読みや中学時代は?駅伝でも注目!

鈴木芽吹 駒澤大 佐久長聖

駒澤大学陸上部スーパールーキー鈴木芽吹選手。

名前の「鈴木芽吹」“すずき めぶき”と読みます。

佐久長聖時代には全国高校駅伝3年連続で出場!

1年生の時には区間賞を獲得する走りで、日本一を達成しました。

駒澤大学に進学後も1年生ながら全日本インカレ5000メートル3位入賞するなど、スーパールーキーにふさわしい活躍を続けています。

鈴木芽吹のプロフィール

名前:鈴木 芽吹(すずき めぶき)
生年月日:1999年6月11日
出身:静岡県熱海市
身長:169cm
体重:56kg
経歴:熱海市立泉小学校→熱海市立泉中学校→佐久長聖高校→駒澤大学

鈴木芽吹の小学生時代

鈴木芽吹選手は陸上を始める前は野球水泳をされていました。

箱根駅伝を観戦したのがきっかけで、小学5年生から泉ランニングクラブで陸上を始めました。

かなり早くから頭角を現しており、中学入学前の湯河原オレンジマラソン5キロ男子小学4〜6年の部優勝しています。

鈴木芽吹の中学時代

中学時代は、鈴木芽吹選手の通っていた中学校には陸上部がなかったために伊東市にある「伊東ジュニア陸上クラブ」で活動していました。

中学3年生の時には2016ジュニアオリンピックA男子3000m決勝で、8分38秒03という静岡県ランク1位の記録を残しています。

また、学校ではテニス部に所属していました。

鈴木芽吹の高校時代

中学卒業後は長野県にある佐久長聖高校に進学。

高校では1年生から全国高校駅伝に出場。
6区を任されると区間賞を獲得する走りで、日本一を達成しました。

全国高校駅伝には3年連続で出場し、
2年生5区を走り区間4位(チームは総合5位)
3年生1区を走り、区間7位(チームは総合3位)の成績を残しています。


3年生の時はキャプテンも務めていましたね。

また、個人種目でも2年生の時にデンマークで開催されたU─20クロスカントリー競争(8Km)日本代表に選ばれています。


高校の同期のチームメイトには服部凱杏選手(現・立教大学)らがいました。

服部選手とはチームメイトでありながら、ライバルとしても鎬を削っていましたね。

大学での対決も楽しみです。

鈴木芽吹の大学時代

高校卒業後は駒澤大学に進学。

大学では1年生で出場した日本インカレ5000メートル3位入賞を果たしています。

鈴木芽吹のまとめ

今年の大学1年生には鈴木芽吹選手の他にも、三浦龍司選手(順天堂大)、吉居大和選手(中央大)らがいて、本当にレベルが高いです。

鈴木芽吹選手には同年代の選手たちと切磋琢磨して、記録を伸ばしていってほしいですね!

三浦龍司選手についてはこちらを→三浦龍司(順天堂大学)の洛南時代の3000m障害や駅伝の成績は?シューズやスパイクは?

吉居大和選手についてはこちらを→吉居大和(中央大学)の双子の弟や父がすごい?シューズや仙台育英時代の成績は?