陸上

加藤淳(駒澤大)は西脇工業出身の陸上選手!進路や彼女は?駅伝でも注目!

加藤淳 駒澤大 陸上

駒澤大学陸上部加藤淳選手。

名前の「加藤淳」“かとう あつし”と読みます。

西脇工業時代から注目されていた長距離ランナーです。

大学4年生の今年はインカレ5000メートル自己ベストを更新して、4位に入るなど好調を維持しており、これから始まる駅伝シーズンでも活躍が期待されています。

加藤淳のプロフィール

名前:加藤 淳(かとう あつし)
生年月日:1998年8月19日
出身:兵庫県明石市
身長:165cm
体重:50kg
経歴:明石市立大久保中学校→西脇工業→駒澤大学

加藤淳の中学時代

加藤淳選手は中学時代から注目されていた選手です。

中学3年生の時の全日本中学校陸上競技選手権大会3000mでは8分47秒予選トップ通過。

決勝でも8分45秒の好記録で4位入賞を果たしています。

また、都道府県対抗駅伝にも兵庫県代表として出場していました。

加藤淳の高校時代

中学卒業後は西脇工業に進学。

西脇工業県立の学校ながら、全国高校駅伝では8回の優勝を果たしている名門校です。

ものすごく効率の良い練習をしていることでも有名ですね!


高校では加藤淳選手1年生から全国高校駅伝に出場。

3年連続で各チームのエースが集まる1区を任され、
1年生は区間39位、2年生は区間29位、3年生は区間6位の成績を残しています。

また、高校時代の5000メートルの自己ベストが13分59秒03だった加藤淳選手は、国体にも3年連続出場をし、3年連続入賞を飾っています。

加藤淳の大学時代

高校卒業後は駒澤大学に進学。

大学では1年生の出雲駅伝大学三大駅伝 (箱根駅伝、出雲駅伝、全日本大学駅伝)デビューを果たします。

加藤淳選手1区を走りましたが、最後は脱水に見舞われ、区間13位と不本意な成績でした。

箱根駅伝には2年生初出場。


4区を走りましたが、ラスト5kmで失速してしまい区間11位に終わっています。(チームは総合4位)

大学の駅伝は距離が長いことから、レースのラストで失速をしてしまう事が、加藤淳選手の下級生時代の課題でした。

本人も自覚しており、
「そこを打破してリベンジしたい」
とインタビューで語っていました。

箱根駅伝には3年生の時にも出場。

この時は8区を走り、区間11位で、チームは総合8位でした。

加藤淳選手は阪神ファン

関西出身加藤淳選手は熱烈な阪神ファンです。


好きな選手は鳥谷敬選手ですが、鳥谷選手はロッテに移籍しちゃいましたね。

これには加藤淳選手もがっかりされたのではないでしょうか。

加藤淳の進路

大学卒業後、加藤淳選手住友電工に入社予定です。

住友電工には青山学院大学吉田圭太選手岩見秀哉選手も入社されることになっています。

これからライバルからチームメイトになりますね。

吉田圭太選手についてはこちらを→吉田圭太(青山学院大)は世羅高校出身のイケメンエース!父は原監督の後輩!

岩見秀哉選手についてはこちらを→岩見秀哉(青山学院大)は須磨学園出身のイケメンランナー!進路やシューズは?彼女は?

加藤淳の彼女

走っている時の真剣な表情がりりしいと人気の加藤淳選手。

気になる彼女の存在ですが、ツイッターやインスタを見てみましたが、彼女についての情報はありませんでした。

ちなみに好きなタレントは、女優でモデル新木優子さんです。


新木優子に似ている女性はチャンスかもしれませんね!

加藤淳のまとめ

加藤淳選手は駅伝ではなかなか本来の力を発揮できずにいました。

それでも、大学4年生の今年は好調を維持しています。

全日本大学駅伝箱根駅伝ではチームを優勝に導くような走りを期待したいですね!