野球

新城翔太(徳島インディゴソックス)は沖縄高専出身のドラフト候補!琉球大時代の成績は?

新城翔太 沖縄高専 徳島インディゴソックス

徳島インディゴソックスドラフト候補新城翔太選手。

内外野守れる俊足強肩ユーティリティープレーヤーです。

沖縄高専国立の琉球大学工学部を卒業しながらも、プロ入りを目指して、独立リーグに挑戦、というちょっと変わった経歴を持っています。

しかも、途中3年ものブランクがあるそうです。

それでも、四国アイランドリーグは1年目から打率、出塁率、盗塁でリーグ1位と素晴らしい成績を残しています。

新城翔太のプロフィール

名前:新城 翔太(しんじょう しょうた)
生年月日:1996年10月16日
出身:沖縄県浦添市
身長:183cm
体重:82kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:三塁手兼二塁手兼外野手
経歴:浦添市立神森中学校→沖縄工業高等専門学校→琉球大学→徳島インディゴソックス

新城翔太の高専時代

新城翔太選手は沖縄高専時代には目立った実績は残していません。
 
県大会2回戦進出最高成績で、3年夏の沖縄県大会初戦敗退で終えています。

新城翔太の3年間のブランク

高専学校5年生の学校です。

高校野球に参加できるのは3年生までです。

そのため新城翔太選手高専4、5年時2年間を野球から離れて過ごした。

さらに沖縄高専卒業後は、琉球大学工学部3年編入していますが、卒業編入の間にも1年、間が空いています。

この1年は何をされていたんでしょうね?

編入試験のための勉強でしょうか?

新城翔太の大学時代

琉球大学では3年秋からリーグ戦に出場。

大きなブランクがあったにもかかわらず、大学ではファースト、ショート3季連続のベストナインを獲得!

さらには首位打者1回、打点王1回、盗塁王2回と、素晴らしい成績を収めています。

新城翔太の独立リーグ時代

大学卒業後は徳島インディゴソックスに入団。

1年目から内野手兼外野兼指名打者としてリーグ戦に出場します。

主に3番を打ち、173打数57安打18打点、打率.329本、ホームラン1本、盗塁21の大活躍で優勝に貢献しました。

しかも、打率、出塁率、盗塁ではリーグ1位に輝いています。

新城翔太のプレースタイル

新城翔太選手身長183cm体重82kgの均整の取れた体格を持つ内野手兼外野手です。

徳島では56試合(指名打者20、サード14、セカンド10、ファースト1、外野11)でスタメン出場しました。

50メートル走5秒78、遠投110メートルととても高い身体能力を持っています。

新城翔太のまとめ

もし、新城翔太選手がドラフト指名されれば、高専卒の選手としては、2009年の鬼屋敷正人選手(巨人ドラフト2位)以来、2人目となります。

しかも大学経由となると史上初です。

同じく高専卒独立リーガーの石井大智投手(高知ファイティングドッグス)ともにプロ入りを果たしてほしいですね!

石井大智投手についてはこちらを→石井大智(高知FD)は秋田高専出身のドラフト候補!球速球種や身長体重は?