野球

宮本ジョセフ拳(名古屋学院大)ハーフのドラフト候補!父や進路は?豊川高校時代は?

宮本・ジョセフ・拳 名古屋学院大

名古屋学院大学ドラフト候補宮本ジョセフ拳選手。

ガーナ人の父日本人の母を持つ日本生まれハーフの外野手です。

遠投110メートル50メートル走5秒9の高い身体能力を持ち、大学では主に1番打者として活躍しています。

宮本ジョセフ拳のプロフィール

名前:宮本・ジョセフ・拳(みやもと じょせふ けん)
生年月日:1999年3月24日
出身:三重県四日市市
身長:175cm
体重:86kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:四日市市立橋北中学校→豊川高校→名古屋学院大学

宮本ジョセフ拳の小中学時代

宮本ジョセフ拳選手小学1年生から中部野球少年団軟式野球を始めました。

中学時代はは四日市ボーイズに所属。

外野手兼キャッチャーとしてプレーしていました。

宮本ジョセフ拳の高校時代

中学卒業後は愛知県にある豊川高校に進学。

高校では2年秋からベンチ入り。

3年夏前にはベンチ入りメンバーから外されそうな危機がありましたが、
直前の練習試合で活躍し、逆に4番・ライトの座を獲得しました。

野球人生におけるターニングポイントとなったのが豊川高3年の6月。高崎健康福祉大高崎との練習試合で4番に抜てきされ「夏にベンチ入りできるか、ラストチャンスだと思った」。力が入った1、2打席目は凡退し「気軽にいこう」と半ば諦めの境地で迎えた第3打席で初球を弾丸ライナーで本塁打にすると続く打席でも二塁打を放ち「4番・右翼」を獲得。ここ一番での勝負強さを発揮する一方で、切り替えの大切さを学んだ。

スポニチ

3年夏の愛知県大会では、合計11打数3安打0打点、打率.273の成績で、3回戦まで進出しました。

高校の同期のチームメイトには今年のドラフト上位候補の森博人投手(現・日体大)らがいました。

森博人投手についてはこちらを→森博人(日本体育大)は愛知出身のドラフト候補!球速がすごい!

宮本ジョセフ拳の大学時代

高校卒業後は愛知大学野球リーグ2部に所属する名古屋学院大学に進学します。

大学では1年春からリーグ戦に出場。

4年秋リーグ戦では開幕から2試合連続の先頭打者ホームランを記録し、視察に訪れていたスカウトを驚かせていました。

宮本ジョセフ拳のプレースタイル

宮本ジョセフ拳選手走・攻・守の3拍子揃った外野手です。

逆方向にもホームランが打てるパンチ力が魅力。

大学時代に記録した20本のホームランの内、半分ちかくは先頭打者ホームランだそうです。

宮本ジョセフ拳選手本人は
「(初回の打席では)先頭は間が空くしリズムが取りやすい」
と簡単に話されていますが、
かなりの“集中力”“初見の投手への対応力の高さ”がないとできないことですよね。

プロ向きの選手だと思いますね!

遠投110メートル。

50メートル走5秒9

宮本ジョセフ拳の進路

宮本ジョセフ拳選手プロ志望届を提出しており、大卒でのプロ入りを目指してます。

宮本ジョセフ拳のスカウト評価

阪神・筒井和也スカウト
「スピードとパワーを備えている。身体能力も高く、魅力的な存在であることは間違いない」

宮本ジョセフ拳のまとめ

宮本ジョセフ拳選手「enjoy life」をモットーにいつも笑顔です。

これは3年前に亡くなったガーナ人父親譲りのものだと言います。

ぜひ、プロでも「enjoy life」を貫いて、ファンに愛される選手になってほしいですね!