陸上

三浦龍司(順天堂大学)の洛南時代の3000m障害や駅伝の成績は?シューズやスパイクは?

三浦龍司 順天堂大学

順天堂大学陸上競技部スーパールーキー三浦龍司選手。

洛南高校時代から3000障害日本高校記録を更新するなど世代のトップランナーとして注目されてきた選手です。

順天堂大学進学後も、1年生で日本歴代2位の好記録をマークするなど、世代や学生という枠組みを超えて活躍を続けています。

今回は東京オリンピック出場の期待もかかる三浦龍司選手について調べてみました。

三浦龍司のプロフィール

名前:三浦 龍司(みうら りゅうじ)
出身:島根県浜田市
身長:165cm
体重:52kg
経歴:浜田市立浜田東中学校→洛南高校→順天堂大学

三浦龍司の小中学時代

三浦龍司選手小学1年生から地元の浜田JASで陸上を始めました。

小学生時代は1000mを専門にしながらも、チーム方針により80mハードルなど、さまざまな種目を経験しています。

中学では陸上部に所属。

1500m3000mを中心に活躍し、全日本中学校陸上競技選手権ジュニアオリンピックに出場しています。

また、全国都道府県男子駅伝にも2年生3年生の時に出場しています。

三浦龍司の高校時代

中学卒業後は、京都にある洛南高校に進学。

高校では監督の勧めもあり、3000m障害に取り組みました。

この3000m障害三浦龍司選手にあっていたようで、次々に記録を更新していきます。

まず、1年生の近畿高校ユース3000m障害では9分10秒78のタイムで大会新記録を樹立します。

さらに2年生近畿高校ユースでは、8分46秒56U-18日本記録20年ぶりに更新!

3年生の日本選手権では8分39秒37をマークし、自身の持つU-18日本記録日本高校新記録を更新しています。


その他にも3年生の時には3000m(障害じゃないほう)でも、8分10秒57京都高校記録更新
5000mでも13分51秒97で世代トップの数字を記録しています。

また、駅伝でも3年生京都府高校駅伝近畿高校駅伝で1区を走り、区間賞を獲得しています。

三浦龍司の大学時代

高校卒業後は順天堂大学に進学。

順天堂大学を選んだ理由には、順天堂大学OBの塩尻和也選手(現・富士通)の存在が大きかった、と言います。

塩尻選手も3000m障害を専門にしている選手です。

大学在学中にリオオリンピックにも出場しています。

しかも障害だけではなく、駅伝でも強さを見せていて、箱根駅伝には4年連続で各チームのエースが集まる2区で出場。

4年時には10人抜きの快走を見せ、当時の日本人最高記録を更新しています。

三浦龍司選手
「塩尻さんのようなオールラウンダーを目指す」
と語っています。

塩尻和也選手についてはこちらを→塩尻和也(順天堂大)進路は富士通!ラブライブ好き?記録や中学高校も!

三浦龍司選手は大学では1年生の7月ホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会に出場し、
3000m障害日本学生記録41年ぶりに、U-20記録37年ぶりに更新する8分19秒37というものすごいタイムを記録します。

これは年齢制限のない日本記録にも、あと0秒44という日本歴代2位の好記録でした。

三浦龍司選手日本記録を更新するのは時間の問題でしょうね!

三浦龍司と箱根駅伝

三浦龍司選手は塩尻選手に憧れ、箱根駅伝にも熱意を見せています。

高校の時には、実際に箱根駅伝を見にいったこともあるそうです。

三浦龍司選手が出走を希望するは区間は6区です。

6区「山下り」と呼ばれ、スピードが求められる区間です。

3000m障害で異次元のスピードをみせる三浦龍司選手にはぴったりの区間ではないでしょうか。

三浦龍司のシューズ(スパイク)

高校まではミズノ製のシューズを愛用していた三浦龍司選手ですが、高校からはナイキ製に鞍替えしてきていますね。


ホクレンディスタンスで使用していたスパイクは、おそらくNIKEエアズームビクトリー3?2?でしょうか。

駅伝用のシューズは、まだ出場されていないのでわかっていません。
分かりましたら、追記しますね。

三浦龍司と東京オリンピック

三浦龍司選手日本代表として東京オリンピック出場する可能性があります。

実はホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会で出した8分19秒37という記録は東京オリンピック参加標準記録8分22秒00を上回っているんですよね。

でも、“コロナ禍の影響で世界陸連が適用期間外にしている期間に出した記録ということで内定には至っていません。

なに、それ、って感じですね。

まぁ、三浦龍司選手なら、半年以内に再び更新できそうですが。

三浦龍司のまとめ

まだ大学1年生の三浦龍司選手。

これから4年間で、トラック競技や駅伝でどんな走りを見せてくれるのかとても楽しみです。

怪我にだけは気を付けて、記録を伸ばしていってほしいですね!

三浦龍司選手と並び評される今年のもう一人のスーパールーキー・中央大学の吉居大和選手についてはこちらを→吉居大和(中央大学)の双子の弟や父がすごい?シューズや仙台育英時代の成績は?