野球

佐藤隼輔(筑波大)は仙台高校出身のドラフト1位候補!フォームや球速球種は?

佐藤隼輔 筑波大 国立大出身

筑波大学ドラフト候補佐藤隼輔投手

仙台高校時代から“東北ナンバー1サウスポー”と呼ばれ、注目されていたピッチャーです。。

筑波大学でも2年生から大学日本代表に選ばれるなど“大学ナンバー1サウスポー” と呼ばれても不思議はない活躍を続けています。

このままいけば、2021年には史上2人目の国立大卒のドラフト1位が誕生することは間違いありません!

佐藤隼輔のプロフィール

名前:佐藤 隼輔(さとう しゅんすけ)
生年月日:2000年1月3日
出身:山形県生まれ、宮城県仙台市育ち
身長:181cm
体重:80kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と姉
血液型:B型
好きな音楽:ザ・チェインスモーカーズ
経歴:仙台市立愛子小学校→仙台市立広瀬中学校→仙台市立仙台高校→筑波大学

佐藤隼輔の小中学時代

佐藤隼輔投手小学4年生から愛子スポーツ少年野球団軟式野球を始めました。

その頃から、ピッチャー一筋です。

小学6年生12月から中学1年夏にかけてはリトルリーグの折立スパローズに所属。

中学1年の夏には全国選抜大会で優勝を達成しました。

その後、中学1年の秋からは学校の軟式野球部でプレー。

3年時には東北大会準優勝し、宮城県選抜にも選ばれています。

佐藤隼輔の高校時代

中学卒業後は公立仙台高校に進学します。

高校では1年夏から背番号18ベンチ入り。

1年夏の宮城県大会では初戦先発に抜擢され、7対3完投勝利を収めています。

チームは2回戦敗退。

その後、
1年秋の宮城県大会地区予選敗退。
2年夏の宮城県大会では全3試合先発し、4回戦敗退。
2年秋から背番号1を付けてマウンドに上がりますが、昨秋に続いて地区予選敗退。

佐藤隼輔投手が本格的にプロから注目されるようになったのは、3年夏からです。

3年夏の宮城県大会では全5試合を一人で投げ抜き、ベスト8まで進出!


初戦から3回戦まで3試合連続で完封!

合計41イニングを投げ、4失点、58奪三振の大活躍でした。

スカウトからの評価を一気に高め、希望すればドラフト指名は間違いない、と言われていた佐藤隼輔投手ですが、
3年秋にはプロ志望届を提出せず。

「4年後はドラフト1位でプロに入る」
国立の筑波大学に進学しました。

実は佐藤隼輔投手約280人いる学年で常に1桁台の成績を維持する秀才でもあったんですよね!

佐藤隼輔の大学時代

筑波大学では1年秋からリーグ戦に出場。


1年秋初登板から、2年春にかけて44回2/3を連続で無失点に抑える、というものすごい活躍を見せます。

筑波大学がいる首都大学リーグは、多くのプロを輩出している東海大学日体大学も所属しており、決してレベルの低いリーグではありません。

この成績は凄すぎですね!


その活躍が認められ、2年夏には早くも大学日本代表に選出されます。

夏の日米大学野球では全5試合リリーフで登板。

合計6イニングを投げ、1失点(自責点0)の活躍で、3大会ぶりの優勝に貢献しました。

佐藤隼輔のプレースタイル

佐藤隼輔投手は大学野球界を代表するサウスポーです。

セットポジションから最速151km/hのストレートを投げ込みます。

変化球スライダー、チェンジアップなど。

 

佐藤隼輔のスカウト評価

ヤクルト・丸山スカウト
「3年生だが、左ピッチャーが貴重という中で、来年のドラフト候補としてみていくことになるでしょう」

佐藤隼輔のまとめ

もし、佐藤隼輔投手ドラフト1位で指名されれば、国立大学出身としては1996年オリックスドラフト1位の杉本友投手(筑波大学卒)以来、25年ぶり史上2人目です。

杉本友投手はプロ8年間でわずか12勝に終っていますが、佐藤隼輔投手は1年目から、二桁ぐらい勝ちそうな気がいます。

おそらく“国立大出身と限定されたプロ野球記録は、ほとんど佐藤隼輔投手が塗り替えることになると思いますね。

佐藤隼輔投手には国立大出身という枠にとらわれない日本を代表するピッチャーに成長していってほしいですね!