野球

上出拓真(国学院大)は札幌第一出身のドラフト候補!父と兄もすごい?進路や球速球種は?

上出拓真 国学院大

国学院大学ドラフト候補上出拓真投手。

最速148km/hのストレートを持つプロ注目のピッチャーです。

札幌第一時代にはエース兼主将としてチームを引っ張り、センバツ初出場を達成しました。

国学院大学では2年春からリリーフ中心に活躍し、プロ入りを目指しています。

上出拓真のプロフィール

名前:上出 拓真(かみで たくま)
生年月日:1998年8月13日
出身:北海道札幌市
身長:183cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:札幌市立清田緑小学校→札幌市立清田中学校→札幌第一高校→国学院大学

上出拓真の小中学時代

上出拓真投手兄の影響小学3年生からKAPPA`S軟式野球を始めました。

中学時代は、軟式野球部に所属。

卒業後は、札幌第一高校に進学します。

上出拓真の父

上出拓真の父・上出真司さんも札幌第一高校野球部のOBです。

現役時代のポジションは外野手。

中高校時代の6年間新聞配達をして、学費を稼いで野球をされていました。

高校時代には当時のチームが弱く甲子園出場はできませんでしたが、北海学園大2部(夜間)に進学後、明治神宮大会に出場しています。

卒業後は、薬品卸会社の営業などを経て、札幌第一に教員として就職。

現在は札幌第一野球部のコーチをされています。

上出拓真の兄

上出拓真投手3歳上の兄・上出雄司さんもプロ注目のピッチャーでした。

札幌光星高校時代には齊藤誠人選手(現・西武)とバッテリーを組み、活躍!

卒業後は、東洋大学で野球を続けていましたが、現在は野球を辞められているようです。

 
齊藤選手がドラフト指名を受けた時には
「(プロには)上出が行くと思っていたのに」
「上出の分まで頑張りたいです」
と話されていました。

このコメントだけでも、かなりの実力を持っていたことがわかりますね。

齊藤誠人選手についてはこちらを→齊藤誠人(西武)育成捕手の年棒や中学高校は?国立出身で強肩!

上出拓真の高校時代

上出拓真投手1年夏から控えとしてベンチ入り。

2年秋の新チームからはエース兼主将としてチームを引っ張ります。

2年秋の北海道大会では4試合34イニングを投げ、自責点1、防御率0.28の大活躍で、初優勝を達成!

続く明治神宮大会でもベスト8入りを果たしています。


翌3年春のセンバツでは初戦で今年のドラフト1位候補の早川隆久投手がいた木更津総合と対戦。

上出拓真投手6回3失点と粘り強く試合を作りましたが、
打線が早川投手を捉えきれず2対5で敗れています。

早川隆久投手についてはこちらを→早川隆久(早稲田大)は大学日本代表サウスポー!ドラフトではロッテが指名?


3年夏の南北海道大会ベスト4敗退。

高校卒業後は国学院大学に進学しました。

上出拓真の大学時代

大学では2年春からリーグ戦に出場。

2年冬にウエイトトレーニングの効果で球速の5km/hほどアップに成功します。

3年春には国学院大学の鳥山泰孝監督から
「ボールに力があるし、ピンチでも動じない精神力もあったので」
と厚い信頼を得て、リリーフとして8試合に登板。


16回2/3を投げ、自責点4、防御率2.16の好成績を残します。

しかし、右ヒジを故障し、クリーニング手術を経験。

3年秋の登板はありませんでした。

大学の同期のチームメイトには小川龍成選手、中山遥斗選手らがいます。

小川龍成選手についてはこちらを→小川龍成(国学院大)の前橋育英時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

中山遥斗選手についてはこちらを→中山遥斗(国学院大)は大阪桐蔭出身のドラフト候補!進路や実家は?

上出拓真のプレースタイル

上出拓真投手はセットポジションから最速148km/hのストレートを投げるピッチャーです。

高校までは技巧派といった印象でしたが、大学で球速アップを果たし、ストレートでも勝負できるようになってきています。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットなど。

上出拓真の進路

上出拓真投手はチームメイトの小川選手、中山選手とともにプロ志望届を提出しています。

上出拓真のまとめ

上出拓真投手は3年春までは順調でしたが、3年夏の怪我4年春のコロナによるリーグ戦中止が痛かったですね。

まだ4年秋のリーグ戦が残っていますので、ここで元気なところを見せて、プロ入りを果たしてほしいですね。

個人的には、できれば、西武に入団して齊藤選手とバッテリーを組んでいる姿を見てみたいです。