野球

佐藤蓮(上武大野球部)は飛龍出身のドラフト候補!球速球種や身長体重は?

佐藤蓮 上武大 野球

上武大学ドラフト候補佐藤蓮投手。

身長188cm体重101kgの恵まれた体格を持つピッチャーです。

高校時代から注目されてましたが、大学では怪我に苦しみ、右ひじの手術を経験。

そのため3年生まではリーグ戦の登板はありませんでした。

それでも、4年夏の練習試合155km/hを記録し、復活を果たしています。

佐藤蓮のプロフィール

名前:佐藤 蓮(さとう れん)
生年月日:1998年4月11日
出身:静岡県三島市
身長:188cm
体重:101kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:三島市立長伏小学校→三島市立中郷西中学校→飛龍高校→上武大学

佐藤蓮の小中学時代

幼い頃は3歳年上の兄とともに水泳に夢中になっていた佐藤蓮投手は、小学4年生から長伏ヴィーナスで野球を始めました。

中学時代は三島シニアに所属。

中学2年からピッチャーを始めると、
翌3年夏には早くもシニア日本代表として全米選手権に出場しました。

佐藤蓮の高校時代

中学卒業後は静岡県沼津市にある飛龍高校に進学します。

高校では1年秋からエース。


しかし、静岡県大会東地区予選では小澤怜史投手(現・ソフトバンク)のいた日大三島に敗戦。

さらに敗者復活でも敗れ、地区予選敗退でした。

その後、右肩の故障により、2年春の静岡県大会を欠場、
2年夏の静岡県大会控えとして過ごします。

佐藤蓮投手は故障が癒えてからもコントロールに苦しみ、3年生の夏の静岡県大会には野手として7番・ファーストで出場。

2回戦・加藤学園戦ホームランを放ちましたが、
続く3回戦の浜松学院戦ではノーヒットに終わり、チームも0対4で敗れています。

高校の1学年下に比屋根彰人選手(現・オリックス)がいました。

佐藤蓮の大学時代

高校卒業後はピッチャーとしてセレクションに合格し、上武大学に進学します。

1年時150km/hを記録した佐藤蓮投手でしたが、に右ひじの遊離軟骨除去手術を経験。

その後、手術の影響でなかなか球速が戻らず、3年秋リーグ戦を終えても登板はありませんでした。

コロナ禍による自粛期間中にテークバックを小さくするフォーム改良に取り組みます。

その結果、ついに球速が戻り、8月に行われた練習試合では自己最速となる155km/hを計測!

そして、4年秋になって初めてリーグ戦での登板を果たしています。

佐藤蓮のプレースタイル

佐藤蓮投手最速155km/hを投げる速球派のピッチャーです。

とても高い身体能力の持ち主で、上武大学の谷口英規監督によると
「身体能力はすごいものを持っている。格闘家を目指せるくらい」
とのこと。

変化球カーブ、カットボール、フォーク、スライダーなど。

佐藤蓮の進路

佐藤蓮投手
「実績はないが、野球を始めてからの夢であるプロに行きたい」
プロ志望を表明しています。

佐藤蓮のスカウト評価

楽天・後関昌彦スカウト部長
「馬力がある。リーグ戦もチェックしたい」

佐藤蓮のまとめ

佐藤蓮投手は大学での実績は乏しいですが、間違いなくドラフト指名はあります。

できれば投手の育成の上手なチームに指名されてほしいですね。

そうなれば、数年後には日本を代表するようなピッチャーになってくれるはずです!